コペッキー、チェコ選手権で3連勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

コペッキー、チェコ選手権で3連勝

©SKODA AUTO

チェコラリー選手権ラリーフストペチェ(ターマック)が6月17−18日、チェコ南部の南モラビア地方フストペチェで開催され、ヤン・コペッキー(シュコダ・ファビアR5)が優勝した。

タイトでバンピー、ダスティなターマックステージ12本が設定されたこのラリーで、コペッキーは、同じくファビアR5を駆るパベル・バロウセクとの激戦の末に今季のチェコ選手権3連勝を飾り、選手権リードを広げた。

「今季のチェコ選手権前半戦を完璧なかたちで締めくくることができた」と語るコペッキーは、前週に開催されたWRC第6戦イタリアではWRC2優勝を飾っている。チェコ選手権でも、2015年からこのフストペチェまで、参戦した8イベントは負けなし。フストペチェ戦は5度目の優勝となる。

今季のチェコラリー選手権は全6戦が予定されており、シリーズはこれで折返し。コペッキーは2週間後には、シュコダの本拠地で開催される重要な1戦、第4戦ラリーボヘミアが控えている。同週末にはWRCポーランド戦が開催されるが、シュコダ・モータースポーツはWRC2部門にエサペッカ・ラッピとポンタス・ティデマンドをエントリーさせる予定だ。

ラリーフストペチェ結果
1. J.コペッキー(シュコダ・ファビアR5) 1:25:43.8
2. P.バロウセク(シュコダ・ファビアR5) + 28.0
3. J.ドーナル(フォード・フォーカスWRC) +1:29.5
4. V.シュタフ(シュコダ・ファビアR5) +1:46.6
5. G.グライジ(フォード・フィエスタ) + 2:30.2

RALLY CARS