WRCアルゼンチン:パッドンが逃げ切りWRC初勝利! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン:パッドンが逃げ切りWRC初勝利!

©HYUNDAI

WRC第4戦アルゼンチンは、すべてのスペシャルステージを終えて、ヒュンダイのヘイデン・パッドンがWRC初勝利を獲得した。総合2位にはフォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエ、3位は同じくフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセンが入っている。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

この日設定されたステージは、SS16〜18の3SS。SS走行距離は合計55.28kmと短く、すでにデイ2を終えた段階で首位パッドンに29.8秒差をつけられていた2番手のオジエは、2番手をキープする考えであるとコメントしていた。しかしステージが始まると、先頭走者のハンデから解放されたオジエは猛然とスパート。それまでの鬱憤を晴らすかのようにSS16で2番手タイム、SS18ではベストタイムをマークし、首位を行くパッドンにプレッシャーをかける。一方のパッドンは、SS16でヘアピンをクリアする際にエンジンストールに数度見舞われタイムをロス。続くSS17ではSS3番手タイムを獲得するも、ベストタイムのオジエから19.8秒遅れと、一機に差を縮められてしまうことに。SS16を終えて、ふたりの差はなんと2.6秒にまで縮まっていた。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

そして迎えた最終SS。注目のオジエは、暫定SSベストのダニ・ソルド(ヒュンダイ)から0.5秒遅れの13分19秒7というタイムを記録した。続いてパッドンがフィニッシュ。オジエを11.7秒上まわるベストタイムで、念願のWRC初優勝を飾ってみせた。パッドンはパワーステージのボーナスも獲得し、自身の初勝利に華を添えた。

総合2位はオジエ、3位はミケルセンとフォルクスワーゲン勢が続き、以下4位にソルド、5位はMスポーツのマッズ・オストベルグ、6位にヒュンダイのティエリー・ヌービルというオーダー。シトロエンDS3 WRCを駆ったマルコス・リガトは7位に入った。

次戦の舞台は再びヨーロッパへ。第5戦ポルトガルは5月19〜22日という日程で開催される予定となっている。

順位ドライバーマシンタイム/差
1ヘイデン・パッドンヒュンダイi20 WRC3:40:52.6
2セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+14.3
3アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:05.2
4ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+1:17.1
5マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+4:56.7
6ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+9:29.5
7マルコス・リガトシトロエンDS3 WRC+9:39.2
8エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+10:16.0
9ヘニング・ソルベルグフォード・フィエスタRS WRC+10:48.5
10ニコラス・フックスシュコダ・ファビアR5+24:42.8
RALLY PLUS