ERCアイルランドにブリーンが今季初登場、エバンスも参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ERCアイルランドにブリーンが今季初登場、エバンスも参戦

©François Flamand / DPPI

ERC第2戦サーキット・オブ・アイルランド(ターマック)は4月7−9日、北アイルランドのベルファストを拠点に開催される。

François Flamand / DPPI

François Flamand / DPPI

選手権屈指の高速ターマックラリーには、77台がエントリー。うち38台がR5とS2000マシンが占める。優勝候補筆頭は、これが今季のERC初参戦となるクレイグ・ブリーン(シトロエンDS3 R5)。プジョー208 T16で参戦した昨年は、悲願の母国戦優勝を飾っている。今季はWRカーデビューも果たしており、イベント連覇を狙う。そのブリーンに立ちはだかるのは、アレクセイ・ルキヤナク、カエタン・カエタノビッチのフォード・フィエスタR5勢だ。

M-Sport/McKlein

M-Sport/McKlein

さらに、WRC2では開幕2連勝と好調のエルフィン・エバンスも、フィエスタR5でエントリー。エバンスは英国選手権でもランキング首位につけているが、ERCへの参戦はこれが初めてとなる。

英国選手権では3回タイトルを獲得している強豪のキース・クローニン、ERCの常連ロベルト・コンサニもDS3 R5でエントリー。シュコダ・ファビアR5勢では、ヤロミール・タラバスとラウル・ジーツが今季ERC初参戦を果たす。また、このアイルランドでは、ジュニアERCも開幕を迎える。

今季のサーキット・オブ・アイルランドは、4月7日に4.22kmのステージで予選が行われる。8日はベルファスト北部で、イベント最長の31.21kmステージを含む5SSを走行。その後、ショートのストリートステージが行われる。9日はベルファスト南部の4SSを2回ループする設定。計14SSの総走行距離は209.56kmが予定されている。

RALLY PLUS