STI、クラッシュを乗り越えニュル参戦へ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

STI、クラッシュを乗り越えニュル参戦へ

©RALLY PLUS

STIは2016年ニュルブルクリンク24時間レースへの参戦継続を明らかにした。

STIのニュルブルクリンク24時間レース参戦マシンは、3月22日に富士スピードウェイで行っていたシェイクダウンテストでクラッシュ。マシンは大きく破損しており、その後の走行を取りやめていた。ドライブしていた山内英輝は右肩に軽い打撲を負ったものの、医療機関での検査の結果、骨などに異常はなく無事だった。

チームはマシン修復の度合いを鑑み、参戦断念も選択肢として浮かんだものの、SP3Tクラスの2連覇を目指して挑戦を継続する。

本日午後には詳細が発表されるとのことで、追ってお伝えする。

ワールドラリーカレンダー2019