WRCオーストラリア:WRCプレ会見「愉快な話じゃないね」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCオーストラリア:WRCプレ会見「愉快な話じゃないね」

 

WRCオーストラリア、イベント前記者会見の内容
(抜粋)

●WRCプレイベントカンファレンス出席者
セバスチャン・オジエ=SO(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
クリス・ミーク=KM(シトロエン・トタル・アブダビ・WRT)
ミッコ・ヒルボネン=MH(MスポーツWRT)
クリス・アトキンソン=CA(ヒュンダイ・モータースポーツ)

Q:
セバスチャン、ラリードイツは思い通りには行かず、2回のアクシデントの末にポイントを得られなかった。オーストラリアに向けて準備は万全?
SO:
もちろん。人生にはそんなこともあるし、スポーツをやっていればなおさらだ。成功ばかりの時はいいが、残念ながら厳しい時もあるし、そのひとつがドイツだった。ちょっと辛すぎたけどね。今は集中できているし、100%で臨める。

Q:
マニュファクチャラーズタイトルの見通しも明るそうだが。
SO:
ドイツの前までは12戦連続で勝利を重ねてきた。素晴らしい成果だと思うし、おかげでタイトルも目前だ。普通に行けば、ここで決められるはず。またこの週末もひどい展開になりさえしなければね! ドライバーズタイトルは、フォルクスワーゲン勢の誰かに絞られたわけだけど、自分としては自分がチャンピオンになりたい。チームメイトの誰かに獲られたらイヤだね。先頭からスタートを走行するのは状況としては厳しいけど、そのことは考えないようにする。

Q:
ヤリマティ・ラトバラからのプレッシャーは感じる?
SO:
プレッシャーは感じる。何を言えばいい? 彼は強いよ、間違いなくね。波に乗っているけど、ドイツではミスをしたから僕にも余裕ができた。それがなければ、もっとプレッシャーになっていたと思う。

Q:
クリス(ミーク)、今回はまたグラベル戦で、参戦経験のあるイベントだ。目標は?
KM:
みんな、コンペティティブになれるように目指しているし、いつかは勝ちたいと思っている。僕も同じだ。でも自分のパフォーマンスに集中しなくてはならない。昨年はスポット参戦だったが、たぶんプレッシャーを抱え過ぎたのだと思う。序盤はよかったが、スタミナが続かなかった。練習不足だったのかもしれないが、1年経って準備も十分できている。目標は立てないようにする。完璧なラリーができて、5位に入れれば御の字だ。

Q:
自分自身に集中するのは難しい?
KM:
ラリーだからね。道とストップウォッチとの戦いだ。レースとは違い、ステージでは誰とも直接争うことはない。他のドライバーから影響を受けることはないんだから、自分自身との戦いだ。

Q:
ミッコ、イベントの話の前に、来季について出ている噂について聞きたいんだが、他のチームと交渉している?
MH:
プレスがこういう話を取り上げるのは愉快な気分にはなれないね。去年の今ごろは何もなかったし、僕が引退するなんて誰も話をしなかったのに、今はみんな引退のことを話している。

Q:
自分はどうしたい?
MH:
自分の気持ちは自分で分かっている。可能性がなければ、他のシーズンを待つしかない。

Q:
内容を聞かせてもらえる?
MH:
みんな憶測するでしょ。その方が面白いんじゃないかな。

Q:
今年はそれまでよりもポディウムに上がる数が減っている。その理由を分析したか?何か特定の理由があるのか?
MH:
常にいろんなことが絡んでいる。その中には自分のミスもあるし、いろいろだ。もちろんモチベーションもある。しばらくポディウムに上がっていないからね。今年はまだ4戦残っているから、そこで目指していくよ。

Q:
ここのところ、ポディウムに上がるのは難しくなっている。
MH:
その通りだと思うし、接戦になっている。いいラリーができている手応えがなければ、タイムロスは小さくても各ステージでのロスが重なれば大きくなる。難しい状況だが、今回もがんばるよ。

Q:
ステージのコンディションは?
MH:
ドライだが、そう悪くない。最初のステージはレッキではすごくマディだったが、乾き始めてもいた。湿った場所もあれば、ドライの部分もある。雨が降れば、ウェットでスリッパリーになるだろうね。

Q:
クリス(アトキンソン)、母国戦に、前戦のウィナーチームであるヒュンダイ・モータースポーツからの参戦だ。今回は何を期待している?
CA:
WRカーでの参戦は久しぶりだから、リズムを取り戻したいね。

Q:
どれくらいマシンに乗って、準備を積んだ?
CA:
多くない。とにかく自分のできる限りを尽くす。自分の置かれた状況をよく理解して、それに対応していくしかないんだ。チームはとてもいい流れで成長しているし、まだ開発途中のシーズンだ。ドイツでの優勝はちょっとびっくりしたけど、それも可能だってこと。

Q:
ドイツではチームに帯同していたが、初勝利を一緒に祝えた?
CA:
ああ、最高だったよ。最初にあのマシンをドライブしたひとりだし、1年後にそれが勝利を飾るのを見るのはうれしいね。0から初めて勝利まで12ヶ月、チームを讃えるよ。

Q:
参戦はメキシコ以来だ。マシンはどう?
CA:
それぞれの路面に合わせて、少しずつ改良や調整を重ねて、ファイんチューニングしたりコンディションの理解を進めてきた。大きな進歩を果たした部分もあるし、まだ改良が必要なところもある。通常通りだよ。

Q:
どんなところに改良が必要だと思う?
Q:
もっと勝つことかな!

Q:
今回の目標は?
CA:



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS