雪不足で延期のERCリエパヤ、グラベル戦として9月に開催 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

雪不足で延期のERCリエパヤ、グラベル戦として9月に開催

©ERC

今季のERC開幕戦として2月初めにスノー&グラベル戦として開催が予定されていたラリーリエパヤ(ラトビア)。温暖による路面悪化で、開催が一旦キャンセルとなり代替日程での開催が検討されていたが、高速グラベルラリーとして9月16−18日に開催されることになった。順番としては第9戦となり、ジュニア選手権はこのリエパヤが最終戦となる。

ERCコーディネーターのジャン‐バプティスト・レイは「ラリーリエパヤの新しい開催日が承認されてとてもうれしく思うし、FIAラリーコミッションのメンバーによる支援に感謝する」とコメント。
「WRC戦と日程を重ねたくはなかったし、ラリー間のロジスティックに必要な時間も確保しなくてはならないため、現在のカレンダーから、開催できる枠を見いだすのは簡単ではなかった。日程を再調整したことで、グラベルとターマック戦のバランスが非常によくなったし、ジュニア選手権も予定通り6戦行えることになった。できるだけ早く新しい日程を発表することで、チームやクルーが準備できる充分な時間を確保できたと願いたい」

ワールドラリーカレンダー2019