WRCモンテカルロ:競技2日目の接戦はオジエが制す – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:競技2日目の接戦はオジエが制す

©VOLKSWAGEN

WRCモンテカルロは競技2日目を終了し、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが総合首位に立っている。

CITROEN

CITROEN

この日行われたのはSS3〜SS8の6SS。注目を集めたのは初日トップに立ったシトロエンのクリス・ミークと、オジエのスクラッチバトルだ。ふたりのバトルは総合3番手以下のドライバーを引き離し加速していった。

HYUNDAI

HYUNDAI

競技2日目のスタート時点でふたりの差は6.9秒。オープニングのSS3でベストタイムを奪取したのはオジエだが、ミークも0.9秒差のSS2番手タイムで首位をキープした。続くSS4ではミークが意地の一番時計をたたき出すが、オジエもSS2番手時計で食い下がる。そして迎えたSS5、ここでミークはSS3番手タイムで総合2番手にドロップ。代わってオジエが1.5秒差で首位に立った。前半のループを終えて、総合3番手はフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセン、総合4番手にフォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラがつけ、総合5番手にヒュンダイのティエリー・ヌービルという順位となっている。

サービスを終えて午後のループに入ってもオジエとミークのバトルは終わらない。SS6ではオジエがミークを引き離しにかかるが、続くSS7ではミークがSSベストタイムを獲得、総合順位でもオジエを0.8秒逆転して総合首位に立った。また、このSS7ではミケルセンがスピンを喫してペースダウン、ラトバラが総合3番手に浮上した。

M-SPORT

M-SPORT

競技2日目の最終SS、SS8ではオジエが貫録のベストタイム。ミークを逆転して再び総合首位を獲得した。これでふたりの差は9.5秒。競技3日目以降もこのバトルは続いていきそうだ。総合3番手につけたのはラトバラだが、すでにオジエとは1分以上の差が開いている。

競技3日目はSS9〜13の5SSという設定。SS9/11のLARDIER ET VALENCA-FAYEは51.55kmというラリー最長のステージとなっているほか、この日最終SSのSS13は名物ステージのシステロンとなっている。SS9は日本時間の16:04スタート予定。

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC1:29:06.1
2クリス・ミークシトロエンDS3 WRC+9.5
3ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:08.1
4アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:33.8
5ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+1:47.8
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+2:18.5
7ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+3:07.8
8ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+3:32.0
9ブライアン・ブフィエフォード・フィエスタRS WRC+4:18.6
10エルフィン・エバンスフォード・フィエスタR5+5:25.8



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!