ダカールラリー:ドライバー陣のコメント「プジョーでの参戦を夢見ていた」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ダカールラリー:ドライバー陣のコメント「プジョーでの参戦を夢見ていた」

©RED BULL

第38回ダカールラリーは、1月16日、フィニッシュを迎え、4輪部門はプジョー2008DKRのステファン・ペテランセルの総合優勝で幕を閉じた。二輪でダカールを初めて制した頃からプジョーでのドライブを夢見ていたというペテランセル。憧れのマシンで優勝を果たした思いを明かした。

4輪部門総合優勝
ステファン・ペテランセル(#302 プジョー2008DKR 16)

「心から満足している。自分のフィーリングとしてはチームはまだ少し若いと思っていたが、全てがとても順調に動いた。我々のマシンが、WRCスタイルのステージでも非常にコンペティティブだったというのは、うれしいサプライズだった。このような区間ではカルロスやセブの方が速いと分かっていたので、とにかく離されないようについていこうと思っていた。マキシマムアタックをした日は1日あったが、クリーンなラリーができたし、残り3日で50分という大差をつけてリードできた。自分が二輪のライダーで初めてダカールに参戦した時、いつかプジョーをドライブしたいと夢見ていた。チームに加入して、彼らと共に優勝を果たす事ができ、本当に満足のいく思いだよ」

2位
ナッサー・アル‐アティヤ(#300 MINIオール4レーシング)
 

RED BULL

RED BULL

「フィアンバラで転倒し、かなりタイムをロスした。それがなければ、自力優勝も可能だった。でも、これがダカール。誰でもミスをする。2017年もダカールに参戦して、また優勝を狙いたい」

3位
ジニール・ドゥビリエ(#301 トヨタ・ハイラックス)

RED BULL

RED BULL

「この日を終えて、ミッコとのポディウム争いから解放された。トヨタ、チームのためにポディウムを守り切る事ができて、うれしいよ。最初の一週間は、とてもストレスがたまった。プジョー勢、さらにはナッサーが前にいて、さらに標高が高くなり、砂丘にも取り組まなくてはならなかった。トップスピードを上げていかなくてはならなかった。ダカールでの12回目の優勝を獲得したステファンとプジョーを祝福するよ。僕は、マシンの信頼性に満足していたが、ターボエンジン勢を相手にするのは大変だった。プジョーはとても速かった。今回で13回目のダカールで、ポディウムは5回目。優勝はまだ1度しかないが、近いうちにまた勝ちたいね」

4位
ミッコ・ヒルボネン(#315 MINIオール4レーシング)

X-RAID

X-RAID

「このダカールが本当に順調に進んで、とにかく信じられない。ミシェル(ペリン、ナビゲーター)と僕の関係は、日に日によくなっていったし、チームも素晴らしい仕事をしてくれた。今回の成功の鍵となったのは、MINIオール4レーシングにこれといったトラブルが起きず、大きなミスもなくダカールを走り切れたことだ。トップ5に入れればと思っていたが、その通りの結果が果たせた」

9位
セバスチャン・ローブ(#314 プジョー2008DKR 16)

RED BULL

RED BULL

「フィニッシュできて、本当にうれしい。ポジティブなこともネガティブなこともあったが、全体的にはとてもいいレベルのパフォーマンスが出せた。経験不足であまり自信がないステージではミスもあったが、それ以外では、純粋なパフォーマンスとしてはペースに乗っていた。苦戦した日もあったが、それ以外はとてもエンジョイできた」

市販車部門優勝
ニコラ・ジボン(#343 トヨタ・ランドクルーザー)

TOYOTA AUTO BODY

TOYOTA AUTO BODY

「今年はエース格のドライバーということでプレッシャーもあったが、こうして勝つことが出来、ほっとしている。もちろん342号車のサポートやメカニックの働きがなければ自分はここにいない。お礼を言いたいです」

同5位
三浦昂(#342 トヨタ・ランドクルーザー)

「初めて社員ドライバーとして出場し、さらに完走が出来てダブルでうれしい。ここまで2年間以上かかったが、自分が走るために本当に多くの人たちが協力してくれた。改めてお礼を言いたい」

トラック部門 排気量10リットル未満クラス優勝
菅原照仁(#519 日野レンジャー)

HINO

HINO

「今年は、日野自動車がダカールラリー活動を始めて25年目という節目。その重みを感じながら走ってきた。車両の改良も奏功して、ライバルのしっぽを掴んだ気持ち。次にやるべきことも分かったので、将来に向けても良かったと思う」

同2位
菅原義正(#528 日野レンジャー)

「難しい大会をゴールすることができて、幸せ。多くの人たちがゴールに出迎えてくれて、うれしい。今回は、久しぶりにスタックを喫したのが印象的。まだまだ頑張る。応援してくださった方々、どうもありがとうございました」

ワールドラリーカレンダー2019