ERCデュバレー:トップフィニッシュのブリーンにペナルティ、ルキヤナクが繰り上げ優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ERCデュバレー:トップフィニッシュのブリーンにペナルティ、ルキヤナクが繰り上げ優勝

©ERC

ERC最終戦ラリーデュバレー(スイス、ターマック)は10月31日、クレイグ・ブリーン(プジョー208T16)がトップフィニッシュを飾ったが、その後、ブリーンに2分のペナルティが科され、2位フィニッシュのアレクセイ・ルキヤナク(フォード・フィエスタR5)が繰り上げ優勝となった。

ブリーンはスタートから首位につけてフィニッシュまでその座を譲らず、ルキヤナクに39.4秒差をつけてフィニッシュしていたが、その後、タイヤ制限18本を上回る20本のタイヤを使用していたミスが判明。2分のペナルティが与えられた。

ERC

ERC

繰り上げ優勝となったルキヤナクは、エストニアに続いて今季2勝目。ブリーンに与えられていたターマックマスターの称号も、ルキヤナクに移る。シリーズスタンディングスでは、タイトルを獲得したカエタン・カエタノビッチ、ブリーンに続いての3位に食い込んだ。

RALLY CARS