RALLY CARS vol.10はマツダ323! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

RALLY CARS vol.10はマツダ323!

 

みなさまこんばんはヨンカイでございます。

今週末の10月10日土曜日、なんの日かご存じでしょうか。F1第15戦ロシアGP予選日であり、全日本ジムカーナ第8戦の公開練習日であり、WEC第6戦富士6時間の予選日です。それでもって、ラリーカーズvol.10の発売予定日でもあるのです。10月10日にvol.10、非常に覚えやすいので皆様よろしくお願いします。

今回は日本が誇る4WDテンロクターボのグループAマシンです。かのトヨタ・セリカよりも先にランチア・デルタを打ち破り、トップカテゴリーとなったグループAで日本車として初めての勝利を飾ったクルマ、マツダ323の知られざるドラマを明らかにしていきます。

現在はワークス的なモータースポーツ活動を行っていないマツダですが(北米では独自の取り組みとしてプロトのSKYACTIV-Dなどが走っていましたが)、80〜90年代当時はル・マンにIMSA、そしてWRCと、まさに世界中にその名を轟かせておりました。

なかでもWRCでは、グループB仕様のRX-7(SA)で85年アクロポリス3位という戦績を残しています。そして今回の主役である323がデビューしたのは、86年のラリーモンテカルロ。86年といえばグループBの全盛期であり、アウディ、プジョー、ランチア、フォード、そしてメトロにシトロエン、各メーカーのモンスター4WDマシンが出そろった年です。そんな年にデビューした323は、以降改良を重ね、排気量を増し、91年までWRCの最前線で奮闘します。

まだ刷り上がっていないので画像は表紙の色校正だけです。あしからず。3連休、お出かけになる方も多いことでしょうが、骨休めのおともにぜひどうぞ。

RALLY PLUS