WRCコルシカ:事前情報 復活する1万コーナーの名門ターマック戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCコルシカ:事前情報 復活する1万コーナーの名門ターマック戦

©CITROEN

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

■プレビュー
WRCフランス戦が、7年ぶりに地中海のコルシカ島に戻ってきた。島の首都アジャクシオの西海岸で10月1日にセレモニアルスタートを行った後、日曜日にも同じ場所でフィニッシュを迎える。島を網羅するようにルートが構成され、金曜日のオーバーナイトパルクフェルメは島北部のバスティア、土曜日は南部のポルト・ベッキオに置かれる。一方、シングルサービスパークは島中央部のコルトに設置される。

■ラリーデータ
開催日:2015年10月1-4日
本拠地:アジャクシオ
時差:UTC +1
総走行距離: 983.80km
総ステージ走行距離:332.73km
総SS数:9

■開催選手権
WRC
WRC2
WRC3
JWRC

■主なマシンスペック
・舗装サスペンション、安定感とバランスを向上させるために車高をダウン。
・同一セクションに異なる性格のステージが含まれるため、セットアップは複雑になる。

■歴史
WRCのフランス戦は、1973〜2008年までコルシカで開催。絶え間なくコーナーが続くことから、「1万コーナーのラリー」と呼ばれる。選手権のローテーション方式により2009年は選手権未開催。WRCフランス戦は2010年からフランス本土のアルザス拠点に移った。

ワールドラリーカレンダー2019