フィンランド選手権タンペレ:新井と勝田は4位、5位発進 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

フィンランド選手権タンペレ:新井と勝田は4位、5位発進

©Taneli Niinimaki

フィンランドラリー選手権最終戦ピレリラリーは、9月25日、フィンランド南部にあるタンペレで開幕。TOYOTA GAZOO Racingチャレンジプログラムの一環として、2度目のフィンランド選手権参戦に挑んだ新井大輝(スバルWRX STI)は、この日に予定された2SSを終えて、グループNクラスに相当するSM2クラス・4位発進。チームメイトの勝田貴元も5位で続いている。

競馬場に設定された2.02kmのスーパーSSとして行われたSS1では、新井が6番手、勝田が7番手という滑り出し。続くSS2(16.01km)では、それぞれ4番手タイム、5番手タイムをマークして、順位を一つずつ上げた。クラス首位につけるクリスチャン・キビニエミ(三菱ランサーエボリューションX R4)との差は、新井が28.3秒、勝田が52.9秒。

26日は7SSを走行し、現地時間17時30分にフィニッシュを迎える予定。

ワールドラリーカレンダー2019