WRCオーストラリア:デイ2コメント「2位で終わるためにここにいるんじゃない」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCオーストラリア:デイ2コメント「2位で終わるためにここにいるんじゃない」

©VOLKSWAGEN

ラリーオーストラリア、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント。タイトル王手のオジエに首位を譲ったラトバラ。僅差の争いに、最終日も全力で優勝を狙う事をしっかりと明言した。*順位の()内は前日比

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

セバスチャン・オジエ/総合首位(↑)
「この難しいコンディションの中で、2日目を終えて首位に立てるとは思っていなかった。だから、最終日の走行順についても、とてもハッピーだよ。ステファン・ルフェーブルが僕より先に走ったことは、とても助かったね。特に2ループ目は、彼のラインを追うことができた。午前中はソフトとハードのミックスというタイヤ選択も助けになった。マニュファクチャラーズタイトルという意味では、チームにとっていい流れになっているようだ。でもジュリアンと僕もドライバーズ、コ・ドライバーズタイトルが欲しい。ヤリマティよりも上でフィニッシュできれば、それが果たせる。そのためには、勝つしかない。それが最終日の目標だ。間違いなく、エキサイティングになるよ」

ヤリマティ・ラトバラ/総合3位(↓)
「2日目を終えて、上位4人の差は本当にわずかだから、日曜日は何が起こるかは分からない。明日はオーストラリアで勝利を争うに向けて、走行順はとてもいい。昨日は首位に立ったが、今日は思うような流れにはならなかった。ロングステージでは、リズムがつかめなかった。もっといい走りがしたかったね。でも、全体的には満足しているし、明日は本当にスリリングになりそうだ。そして、僕は2位でフィニッシュするためにここにいるんじゃない」

CITROEN

CITROEN

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

クリス・ミーク/総合2位(=)
「2日間の戦いを終えて、首位とは0.3秒差。正直、午前、ソフトタイヤを選んだのはミスだった。2ループ目には満足しているし、ロングステージでもいいタイムを出せた。明日も難しくはなると思うが、ベストを尽くすよ」

ステファン・ルフェーブル/総合14位(↑)
「新しい経験だったね! 先頭スタートで、ステージはすごくスリッパリーだった。午前中はグリップは安定していた。コンディションに慣れていけたし、ドライビングスタイルを合わせていけた。2ループ目は、グリップが常に変わっていた。危ない場面もあったので、とにかく路面が変わる事に対応しようとしていた。簡単ではなかったけど、今日の出来には満足している」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合4位(=)
「全体的に、首位との差を詰めたしタイムも取り戻した。特に午前はいいペースだった。でも、ナイトステージでまたタイムをロスした。ヘッドライトの設定が少し低すぎて、ダストがひどかったこともあって、ブレーキングポイントを見つけるのが本当に難しかった。このコンディションで挽回するのは難しいけれど、まだチャンスはあるし、もちろんあきらめないよ。明日も大変な一日になる。いい内容にしたいね。何が起きても不思議じゃない」

HYUNDAI

HYUNDAI

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ヘイデン・パッドン/総合5位(↑)
「今日の内容にはハッピーだよ。午前は走りやすくなったし、マシンに自信も持てた。昨日の午後に起きたトラブルを解決できた。セットアップを変更して、思う通りにドライビングできるようになった。2ループ目は、ロングステージでタイヤが減りすぎてしまい、最後の20kmで10秒近くロスした。それでもいい一日だった。総合5位につけているし、上位に追いつくのは難しいとは思うけど、プレッシャーをかけ続けていく」

ティエリー・ヌービル/総合7位(=)
「午前は、僕たちの順番でもグラベルが残っていたのでコンディションに手こずった。最初のロングステージは、中盤までペースを維持していたが、10秒近くロスしたところもあった。終盤に向かうにつれてリズムを取り戻し、2本目ではもっとプッシュすることができた。日中サービスでは、特にツイスティな区間でのバランスを改善できるようセッティングを変更し、午後はいい走りができるようになった。最後のステージでのコンディションは難しかったが、走り切ったし7位を維持した。明日もまだ長いので、ポジションをキープするために全力を尽くして戦う」

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

ダニ・ソルド/総合8位(↓)
「ここのステージは走った事がないので、今日も学ぶ一日だった。ロングステージは本当に難しくて、特にリアブレーキにトラブルが起きてからはタイムもロスした。午後はマシンのフィーリングはよく、トラブルもなかった。ナイトステージはダストがひどくてハードだったし、すごくタイムをロスして残念だ。自分たちにはタフな一日になると思っていたので、まずまずの出来だと思うべきだと思う。明日のステージを楽しみにしているよ。ポジションを少しでも上げたいね」

M-SPORT

M-SPORT

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

オット・タナク/総合6位(↑)
「いい一日だったし、かなり苦戦していた昨日から格段によくなった。ドライビングも楽しめた。特にロングステージは、とても速度が乗るセクションがあってすごく楽しかった。明日は、全開で行く。上位との差は20秒、後ろとは25秒ほど差があるから、プッシュし続けるしかない。まさにオーストラリアらしいステージが残っているから、トリッキーな日になると思うし集中することが重要だけど、面白い事になるかもしれないね」

エルフィン・エバンス/総合9位(=)
「フィーリングは100%ではなかったし、望んでいたような位置にもつけていない。もちろん、全体的にはタイムは少しよくなったが、だからと言ってハッピーだと言えるような順位じゃないし、まだ何かをしなくてはならない。夜のサービスではセットアップに新しいことを試し、何らかの効果が出るか様子を見る。上とかなり差がついているので、残りのステージはテストも兼ねて今後の向上につなげていきたい」



ワールドラリーカレンダー2019