ワークスドライバー4人がオージー流メディアアクティビティに挑戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ワークスドライバー4人がオージー流メディアアクティビティに挑戦

©RALLY AUSTRALIA

WRCラリーオーストラリア開幕に先駆け、ワークスドライバーから4人がメディア向けアクティビティに登場。オーストラリア風にサーファー姿を披露した。

コフスハーバービーチーに登場したのは、フォルクスワーゲンからアンドレアス・ミケルセン、シトロエンからマッズ・オストベルグ、Mスポーツからオット・タナク、そしてヒュンダイからヘイデン・パッドン。ニュージーランド出身のパッドン以外は、全員が北欧出身という顔ぶれとなった。

このイベントには、ラリーアンバサダーで、アイアンウーマン王者の座を何度も獲得しているコートニー・ハンコックも登場した。

4人は、コフスハーバー港近郊の穏やかな波からスタートし、その後サーフボードの乗り方について指南を受け、サーフィンに挑戦した。

サーフィン指導者リー・ウィンクラーからアシストしてもらいながら挑んだノルウェー出身のオストベルグは「あと1年ラリーをやったら、プロサーファーに転向しようかな」と笑ながらジョークを飛ばした。
「トリッキーだけど、楽しいよ。横になりながら、波を待つ気分は最高」

エストニア出身のタナクは、地元は海から離れていると言い「海の上でサーフボードに乗るのは初めてだったから、素晴らしい経験になったよ」と大興奮。
「ちょっとはしゃぎ過ぎたかも。もしかしたら、ハマっちゃうかもね。とても集中力がいる。コツがつかめるまで少しかかるけど、ボードに乗れるようになってきたら想像以上の楽しさだったよ」

ワールドラリーカレンダー2019