【編集部ブログ】ラリー的東京オートサロン2011 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【編集部ブログ】ラリー的東京オートサロン2011

 

【編集部ブログ】ラリー的東京オートサロン2011

編集部たけぶぅです。今日も強烈に寒い一日でしたねー。東京オートサロン会場の幕張メッセは広いながらも、大勢の観客でごったがえして熱気さえありました。

さて、今年も最初のモータースポーツイベントはこの東京オートサロン。なんだかこれがないと年が明けた気がしません。

とはいえ、お越しになれない方もいらっしゃると思いますので、
今年も恒例の、「ラリー的東京オートサロン2011 presented by たけぶぅ」を勝手にお送りします!



R4では軽量化、サスペンションジオメトリーの変更など、グループNから大きな戦力アップが見込めるそうです。

森さんと新井チャンの2ショット。後ろの壁に書かれた「貫」の文字が頼もしい!

スバルR4開発と新井IRC参戦発表

「スバルR4」と書いちゃうと新型軽自動車みたいですね(笑)。

なんといっても今年最初にして最大のニュースは、インプレッサR4の開発と新井敏弘選手のIRC参戦です。

PWRCではなくIRCになってしまったことは残念でもありますが、逆にIRCでのインプレッサの知名度アップはかなり貢献しているそうです。

S2000がトップカテゴリーとして君臨しているIRCだけに、もちろん新井チャンもR4インプレッサで武装するはず。ここでは書けませんが、どうやらあんな工夫やこんな工夫もやっているそうで、新井チャンいわく、タイムだけで見ればWRカーよりも速くなっているというほどだそうです。これは期待大ですね!

明日15日の晩には「新井敏弘ファンの集い」も開催されます。

サトリアネオR3。奥に見える展示はR3用パーツのほか、早くもキャロッセとしてパーツ開発がすすんでいるようです。

記者会見の模様です。担当者もマレーシアから来日!

キャロッセがプロトン・サトリアネオR3発売!

年末に日本のラリー界を襲った大きなニュース、キャロッセがプロトンと契約し、サトリアネオを発売することが、本日正式に発表されました。

気になる販売モデルはFF1.6ℓのノーマルで、展示されているのはグループNと、ノーマルにフェンダーなどを追加した「サトリアネオR3」(シビック・ユーロRなどの「R3」ではなく、チューニングモデル名が「R3」という名前なんです)の2台。エンジンルームや車内なども見られます。

ちなみに、今回展示されている白いサトリア・ネオ グループNは、世界中にこの会場にある1台と、マレーシアで製作中の番場選手が乗るマシンの2台しかないそうです。1.6ℓということで、APRCでは新たに親切されるジュニアカップ、全日本ではJN3(3000ccまでのマシン)のクラスに参戦することになります。さすがにJN3で勝つのは厳しいでしょうか……。

シリーズ参戦が決まった番場彬選手は、「スイフトは自分が普段乗っているランエボと比べても、セッティングが出ていてすごくいいマシンでした。サトリアはまだドライブしたことがないのですが、サトリアの方が車高が低くてスタイリッシュですね。重さはややサトリアのほうがありますが、そのぶんボディ自体の剛性も高いみたいです。とにかく楽しみでしかたありません!」と興奮気味に語ってくれました。

サイドから見たところ。まだ前後に余裕がありそうですぇ。

マシン自体も非常にかっこ良く、様々なパーツを装着した「Vitz G Sports Concept」。

新型ヴィッツが早くもWRカーを見越して……!?

続いてはトヨタブース。

もちろん、注目は発表されたばかりの新型ヴィッツ。
展示はエアロで飾られた「G’z」仕様と、ディーラーで買える「モデリスタ」の2種類でしたが、注目はそのスペックです。

フロントエアロがやや尖ったデザインになっており、全長は3975mm。
つまり、フロントをやや伸ばしてあるんですね。
そう、賢明なラリーファンなら思いついたでしょう、
プジョー206WRCがホモロゲを取得するために
長大なフロントエアロを採用したのと似てませんか?

…ってのはかなりこじ付けですが、
新型ヴィッツ、内装も外装も非常にいいですよ。

ラックブースにはチャンピオンマシンとラックオリジナルパーツのほか、レカロブースも併設されています。

ハセプロブースは今年はGTとプリウスでした。でもちゃんとモニターでAPRCの映像を放映しています。

全日本ラリー系の展示をふたつ

続いてラックブース。
全日本チャンピオンの勝田範彦選手のお店でもあるラックですが、
今回はインプレッサに加え、ラックオリジナルパーツなどを展示。

壁面にはビルシュタイン/エルシュポルトのサスペンションに加えて、
RS&SPのサスペンションも展示しています。
あまり聞き慣れないと思いますが、南米のメーカーで、
WRCのチームも装着しているそうです。
勝田選手も使用していて、グラベルでの走りの印象もかなりよかったそうです。

もうひとつはハセプロ。
黒いカーボンシートが貼られたおなじみのマシンが、
今年も……ないですね。
スーパーGTとプリウスの展示のみ…

…かと思ったところ、長谷川智秀代表によれば、
今年もちゃんと参戦するそうです。

APRCにはアジアカップに長谷川代表自ら参戦。
ペースノートがやはり難しいと語り、
勉強の意味も込めてスイフトスポーツでアジアカップを狙うそうです。
サトリアネオの番場選手とガチンコ対決になりますね。

そして、全日本ラリーも昨年同様、
福永修選手に加えて、若手の高山仁選手の全戦参戦。
ハセプロ・ラリーチームとしてのサポートになります。

RALLY CARS