誰が勝つ!? モントレー注目のドライバーと見どころ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

誰が勝つ!? モントレー注目のドライバーと見どころ

 

誰が勝つ!? モントレー注目のドライバーと見どころ

いよいよモントレー2012 in Shibukawaは競技期間に突入。現在、選手陣はステージのレッキを行っている最中です。

路面は舗装、天気は良好、このコンディションの中で、誰が勝つのか、気になるところですよね。

今回使用するステージは、ラリーパークのショートステージ以外は、3本の林道を順走・逆走(一部順走のみ)で使用します。
このイベントの副競技長でもある新井敏弘選手(今回は参戦せず、ラリーパークでイベント出ずっぱり)によれば、各ステージがハイスピードのHaruna、テクニカルのMiyama、トリッキーなAkagiと、それぞれ異なる性格を持っているのが最大の特徴とのこと。つまり、一つに秀でていても、他で離されては勝てない。得意のところで差をつけ、苦手のセクションでいかに差を最低限に抑えるか、総合力の勝負になるのでは、とのことです。



インプレッサにスイッチした柳澤選手は群馬在住。地元の意地もプラスに?

最上位のJN-4クラスで、ハイスピードに強いドライバーと言えば、海外経験が豊富な奴田原文雄選手、柳澤宏至選手。一方、全日本ラリーで舗装スペシャリストといえば、現チャンピオンの勝田範彦選手です。現在、ポイント争いでも凌ぎを削るこの3人は、言うまでもなく要チェックですね。

さらに、今回は、ラックスポーツ、クスコレーシング、ハセプロワールドラリーチーム(2台)、SHOW AIKAWAワールドラリーチームと、トヨタ86が5台も揃います。クスコレーシングの三好秀昌選手は、前戦の洞爺湖でクラス2位も獲得していますから、86が属するJN-3クラスの争いも楽しみです。

JN-3ではインテグラの眞貝知志選手も舗装が得意で知られるドライバー。

とはいえ、林道ステージは観戦ができないので、タイムでその結果を知ることしかできません。ギャラリーステージ、Shibukawa Park/Shibukawa Park Rの見どころについて、新井副競技長は「ブラインドコーナーとなるクレスト先のブレーキングポイントをどう攻めるかが最大のみどころ。逆走(R)もスピードが乗るから、やっぱりブレーキングは難しくなる。また、幅が広いコースで、各車がどのようなライン取りをしてくるのか、見比べるのは面白いと思う」とのことでした。

見どころ満載のモントレー、どうぞお見逃しなく!

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!