WRCポーランド:デイ1はヒルボネンが制す ローブはまたもリタイア – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポーランド:デイ1はヒルボネンが制す ローブはまたもリタイア

 

 WRC第8戦ラリー・ポーランドのデイ1が6月25日から26日にかけて行われた。25日のスーパーSS1本を含む計6本のSSを戦いトップに立ったのは前戦の覇者ミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)。2位はヤリ-マーティ・ラトバラ(フォード・フォーカスRS WRC)、3位はダニエル・ソルド(シトロエンC4 WRC)。SS2でトップに立ったセバスチャン・ローブ(シトロエンC4 WRC)はSS4でコースアウト、2戦連続のリタイアとなっている。

 シリーズの流れがフォードに向いてきた。第6戦サルディニアでラトバラが優勝、第7戦アクロポリスはヒルボネンが制した。そして今回もまた、フォードがワン・ツー体制を築いている。本来優勝争いの主役であるはずのローブは、前戦に続いてコースアウト&リタイア。原因は木の切り株にタイヤをヒットしたと言われている。幸いにしてマシンのダメージはそれほど大きくはなく、デイ2での再スタートは可能と思われるが、タイム差を見ると優勝はもちろん表彰台も難しいだろう。シーズン序盤は開幕5連勝を飾りシリーズ全勝も可能かと思われたローブだが、ここにきて3戦連続でミスを犯すなど勝利の方程式を見失ってしまったようだ。

 ローブのリタイアというセンセーショナルな話題で幕を開けたラリー・ポーランドは、なんと36年ぶりのWRC開催。そういう意味ではブランニューイベントと表現するのが正しく、以前はターマックラリーとして行われていたものをグラベルラリーに変えて今年WRC昇格を果たした。コースは全般的にハイスピードで直線的なセクションが多い。路面は軟らかく雨が降るとかなりぬかるみ非常に滑りやすい。ラリー・フィンランドとラリー・ジャパンの両方を混ぜたようなコースだ。

 高速ラリーということで、やはりフィンランド勢が速い。オープニングのスーパーSSこそペター・ソルベルグ(シトロエン・クサラWRC)が制したが、その後はヒルボネンとラトバラがトップを争うことに。初開催イベントに強いヒルボネンがまずはデイ1を制したが、2位ラトバラも8秒9差に迫っておりデイ2もスリリングな展開となることだろう。

 なお、同時開催のJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)では、R3カテゴリーマシンのルノー・クリオで出場のケビン・アブリングがラリーをリードしている。

Rally Poland – Day 1 standings
Overall times after Day 1 / Top 20:

1. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC 1hour 02mins 23.1secs M
2. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 08.9secs M
3. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 37.0secs M
4. Petter Solberg PS WRT Citroen Xsara WRC +01min 14.6secs A8
5. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC +01mins 21.5secs MT
6. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +01mins 32.9secs A8
7. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC +01mins 56.5secs MT
8. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +02mins 31.5secs MT
9. Krzysztof Holowczyc Stobart VK Ford Focus WRC +02mins 39.8secs A8
10. Mads Ostberg Adapta Subaru Impreza WRC2008 +04mins 31.6secs A8
11. Michal Bebenek Mitsubishi Lancer Evo IX +07mins 37.7secs N4
12. Maciej Oleksowicz Peugeot 207 S2000 +08mins 53.6secs N4
13. Kevin Abbring Renault Clio RS R3 +09mins 28.1secs J
14. Michal Kosciuszko Suzuki Swift S1600 +09mins 55.1secs J
15. Martin Prokop Citroen C2 S1600 +10mins 02.2secs J
16. Hermann Gassner Jr Mitsubishi Lancer Evo IX +11mins 14.8secs N4
17. Andreas Mikkelsen Skoda Fabia WRC +11mins 15.7secs A8
18. Yoann Bonato Suzuki Swift S1600 +11mins 25.7secs J
19. Valeriy Gorban Mitsubishi Lancer Evo IX +11mins 54.4secs N4
20. Lukasz Sztuka Mitsubishi Lancer Evo IX +12mins 24.8secs N4

Overall JWRC after Day 1:
1. Kevin Abbring Renault Clio RS R3 1hour 11mins 51.2secs J
2. Michal Kosciuszko Suzuki Swift S1600 +00mins 27.0secs J
3. Martin Prokop Citroen C2 S1600 +00mins 34.1secs J
4. Yoann Bonato Suzuki Swift S1600 +01mins 57.6secs J
5. Hans Weijs Citroen C2 S1600 +03mins 11.0secs J
6. Luca Griotti Renault Clio R3 +04mins 30.3secs J
7. Simone Bertolotti Suzuki Swift S1600 +05mins 09.0secs J
8. Radoslaw Typa Suzuki Swift S1600 +06mins 13.8secs J
9. Marcin Dobrowolski Citroen C2 R2 +30mins 45.5secs J

Notable retirements:
SS4. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC Went off the road. M
SS4/5. Evgeny Novikov Citroen Junior Team C4 WRC Went off the road. MT

* denotes elected/able to re-start under SupeRally format.

M – denotes Manufacturer entry.
MT – denotes Manufacturer Team entry.
J – denotes Junior WRC entry.

all times unofficial



ワールドラリーカレンダー2020