IRC第7戦マデイラ:70台がスタートへ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

IRC第7戦マデイラ:70台がスタートへ

 

 今年で50回の記念大会を迎えるラリーマデイラ。IRC第7戦の今大会には上限の70台以上の参加申し込みがあった。エントリーは先週締め切られ、S2000マシン18台を含む参加者は、7月30日〜8月1日にかけて全21本のスペシャルステージでそのウデを競う。

 大半の参加者は地元ポルトガル、それもマデイラ島からの出走だが、フランス、イタリア、英国からもエントリーがある。現在のIRCポイントリーダーであるクリス・ミーク、プロトン・サトゥリアネオを駆るガイ・ウィルクスの名前も見える。
 しかし注目は、ジャンドメニコ・バッソ(アバルト)のチームメイト、「全開男」の異名を持つアバルトのルカ・ロセッティだ。2007〜2008年の2年間でIRC4勝を挙げている実力者。彼は今年、IRC開幕戦のモンテカルロ以降はイタリア国内選手権の制覇に集中していたため、IRCへの参戦は久しぶりとなる。

 マデイラ島のほぼ全域を使って開催されるこのラリーは、海面近いホストタウンからスタートし、つづら折れのヘアピンが延々と続くようなターマックステージが主体。そのため、地元のスペシャリストドライバーが光る走りを見せることでも知られている。
 今年の注目株は、プジョー207S2000で参戦するブルーノ・マガラエス、アバルト・グランデプントS2000で出場するベルナルド・スーザなどか。ふたりはIRCのトップランナーを脅かすほどの走りを見せてくれるだろう。



ワールドラリーカレンダー2020