WRCポルトガル:セバスチャン・オジエ「尊敬するマルク・アレンとのタイ記録をやっと更新できた」日曜日コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:セバスチャン・オジエ「尊敬するマルク・アレンとのタイ記録をやっと更新できた」日曜日コメント集

©TOYOTA

WRCラリーポルトガル(グラベル)、ラリーフィニッシュ後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。厳しい週末を乗り越え、通算60勝目、ポルトガルでの6勝目をマークしたトヨタのセバスチャン・オジエ。レジェンドドライバーと並んでいたポルトガル最多勝利記録をついに更新したことに喜びを見せた。

*カッコ内は順位の前日比
*獲得ポイントは 木〜土+日曜日+パワーステージ=合計の順に明記

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1ハイブリッド

■セバスチャン・オジエ/総合優勝(=)
日曜日単独順位:3位
パワーステージ順位:4位
獲得ポイント:18+5+2=25
「また勝利を収められたのは、素晴らしい気分。さらにいい記録を出せたのはうれしいし、この瞬間を楽しみたいね。マルク・アレンは私にとってのレジェンドでとても尊敬しているので、彼と5勝で並んでいたことに何の抵抗もなかったが、いつこの記録を更新するのかと何度も聞かれてきたので、やっとそれが実現した。今回も激しいバトルになったし、自分たちもマシンの中でリラックスする場面は一度もなかった。すべてのことをそれぞれ対応してきたことが、完璧に近かったのだと思う。100%フィーリングがよくなかった時でも、最大限のリスクを負うことなく優勝争いに留まり続けることができた」

■エルフィン・エバンス/総合6位(=)
日曜日単独順位:13位
獲得ポイント:6+0+0=6

TOYOTA

「日曜日の午前中は前日よりも少し流れがよくなったが、3本目のステージでマシンの下から石の衝撃を受け、ラジエターにダメージを負ってしまった。そこからは、EVモードで走らなくてはならず、修復してフィニッシュまでたどり着いたが、残念ながら日曜日にポイントを獲ることができなかった。マシンのフィーリングは確実によくなっていたが、まだ取り組める部分が残っている。少なくとも、この週末でいくつかの答えが見つかった。サルディニアでは、流れを変えて強い戦いができるようにしたい」

■勝田貴元/総合29位(↑)
日曜日単独順位:5位
パワーステージ順位:5位
獲得ポイント:0+3+1=4

TOYOTA

「もっといい結果を得ることができたはずなので、昨日のリタイアは、もちろんとても悔しいです。それでも今回クルマのフィーリングは、昨日のあの瞬間までは非常に良好でした。今日は何本かのステージでハイブリッドが使えず、出走順も良くなかったので簡単ではありませんでしたが、そのような状況でも数ポイント獲得できたのは良かったです。今回は毎ステージ、全力でプッシュし続けた結果、多くのことを学ぶことができました。ポジティブな収穫もあったので、今はもう次のサルディニアに集中していますし、しっかりと準備をしてプッシュし続けます。」

■カッレ・ロバンペラ/総合31位(↑)
日曜日単独順位:6位
パワーステージ順位:3位
獲得ポイント:0+2+3=5

TOYOTA

「土曜日が残念なことになり、マシンを直してくれたチームには心から感謝している。そして、重要なポイントを獲り損ねてしまい、申し訳なく思う。日曜日にまた走れたことはよかったが、ラクではなく、道の砂利掃きが予想以上に大変だった。パワーステージでは必死にベストを尽くしたし、いいドライビングでクリーンな走りができたと思うが、たくさん砂利を掃かなくてはならなかったので、後方スタートの方が速かった。それでも、いくつかポイントを獲れたのでチームに貢献できた。期待していたような週末にはできなかったが、より強くなって戻ってきたい」

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20Nラリー1ハイブリッド

■オィット・タナック/総合2位(=)
日曜日単独順位:1位
パワーステージ順位:2位
獲得ポイント:15+7+4=26

HYUNDAI

「収穫はそう悪くない。スローパンクをひろってしまったのは、本当に不運だったが、それ以外はとてもポジティブだったと言える。あのパンクがなければ、優勝できていたと思う。金曜日はほとんど苦戦していたが、その後は少しずつマシンに慣れてきて、いいリズムにつながった。土曜日はステージがまったく変わったが、夜の間に金曜日から何を変えればマシンを最大限に活用できるか、理解することができた。自信を持ってクルマをコントロールできるところまでそう遠くない感じだったが、自分のドライビングスタイルにマシンを合わせることがまだ少し難しい。サルディニアを楽しみにしている。いつもすごく楽しめているラリーだから、自分のパフォーマンスをもうひとつステップアップさせたい」

■ティエリー・ヌービル/総合3位(=)
日曜日単独順位:2位
パワーステージ順位:1位
獲得ポイント:13+6+5=24

HYUNDAI

「ポジティブだった金曜日に続いて、スーパーサンデーも素晴らしい一日になった。すごくチャレンジングで難しい週末だったが、求められたリザルトでフィニッシュできたことに加え、パワーステージでも5ポイント獲得できた。選手権リードも24に広げ、再びチャレンジングなサルディニアに向けて、いいリードになった。プッシュを続け、マシンの中でも安定した走りができるようにしたい。土曜日は最高とは言えなかったが、金曜日と日曜日はとてもよかったし、パワーステージでは間違いなくペースが出ていたので、励みになる内容。サルディニアでも、重要なポイントのために戦っていく」

■ダニ・ソルド/総合5位(↓)
日曜日単独順位:7位
獲得ポイント:10+1+0=11

HYUNDAI

「午前はコンディションの関係で少し難しかったが、最初の2日間は、とても頼もしい内容だった。もちろん、今日ポイントを獲得できて終えられたのはうれしいし、今季、このチームでの初めての週末に、チームがマニュファクチャラーズ選手権のトップに戻ることに向けての貢献ができたと思う。自分が熟知しているグラベルラリーで今季を始め、サルディニアに向けてのいい一戦になったと思う。次のイベントで何ができるか楽しみにしているし、トップ5フィニッシュのために自分を支えてくれたチームに感謝したい」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■アドリアン・フルモー/総合4位(↑)
日曜日単独順位:4位
獲得ポイント:8+4+0=12

M-SPORT

「初日は3番手スタートが本当に大変だったから、満足していいと思うよ! そのことを考えれば、すごくいいペースが出せたと思うし、上位とも僅差を維持して、日曜日は優勝争いしている上位とも張りあえた。素晴らしいラリーだったし、たくさんのファンが集まってくれた雰囲気はとてもよかった。マシンは完璧でまったくトラブルがなく、自分たちのパフォーマンスにも満足している。次のサルディニアに向けて自信になる」

■グレゴワール・ミュンステール/SS21でラリーリタイア

M-SPORT

「いい形でラリーポルトガルを終えることができず、カットで引っかけてディッチにサンプガードがスタックしてしまい、走行を続けることが出来なくなってしまった。全体として、今回のラリーの間にたくさんのことを学んだ。土曜日は砂利掃きをたくさんしなくてはならなかった。ラクではなかったが、とてもいい学びになった。週末を通して、2ループ目はタイムが上がっていたし、基本的に自分たちには経験のないラリーだったので、いい練習になったと感じているしマシンのフィーリングもよかった。この経験を、次のサルディニアに活かしていく」



RALLY PLUS