WRCポルトガル:シェイクダウンはヒョンデのダニ・ソルドがトップ。勝田貴元は1.2秒差の6番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:シェイクダウンはヒョンデのダニ・ソルドがトップ。勝田貴元は1.2秒差の6番手

©HYUNDAI

2024年シーズンWRC第5戦ラリーポルトガルは、5月9日(木)にシェイクダウンを終え、ヒョンデのダニ・ソルドがトップタイムとなる2分51秒2をマーク。0.5秒差の2番手タイムはオィット・タナック、0.9秒差の3番手にティエリー・ヌービルと、ヒョンデ勢がトップ3を占めた。トヨタGRヤリス・ラリー1をドライブする勝田貴元は、1.2秒差の6番手につけている。

前戦クロアチアから3週間のインターバルを経て、欧州を舞台とするグラベルイベント、ラリーポルトガルを迎えた。昨年同様、ポルトガルから9月の第11戦チリまで、7戦連続でグラベルが続くことになる。ポルトガルのステージは、ライン上に柔らかいグラベルが載っており、ドライコンディションでは走行順の早いドライバーが圧倒的に不利。ポイントランキング上位のドライバーは、ランキング順にスタートする金曜日午前中のループで、いかにタイムロスをせずに走るかが、鍵になる。

今回、トヨタは今シーズン初めて、セバスチャン・オジエとカッレ・ロンバンペラを含めた、4台体制を敷く。また、ヒョンデもサードドライバーとしてソルドがシーズン初登場。3人は有利なスタートポジションで、金曜のステージを走行することになる。

5月9日木曜日の午前8時01分(日本時間9日午後4時01分)、シェイクダウンはサービスパークが置かれたマトジニョスから東に30kmほど行った「バルタル(Baltar:4.61km)」のグラベルステージで実施された。

久々のWRC参戦となったソルドは幸先の良いトップタイムに「コクピットに戻れたこと、そしてポルトガルで走れることに気持ちが昂ぶっているよ。ここはドライバーにとっても観客にとっても、いつもスペシャルなラリーだからね。勝つことが目標だけど、チームのためにもできるだけ多くのポイントを持ち帰りたい」と、笑顔を見せた。

トップタイムのソルドから1.0秒差の4番手タイムはオジエ、1.1秒差の5番手タイムにMスポーツ・フォードのアドリアン・フルモー、1.2秒差の6番手タイムに勝田が入った。ドライバーズランキングではトヨタ勢最上位につけるものの、ここまで勝利のないエルフィン・エバンスは、1.5秒差の8番手タイムでシェイクダウンを終えている。

ラリーは9日夕方から古都コインブラでセレモニアルスタートを実施。その後、大西洋に面するリゾート地フィゲイラ・ダ・フォスに移動。日本時間10日午前3時5分から、2.94kmのスーパーSSを走行する。

WRCポルトガル シェイクダウン暫定結果
1. D.ソルド(ヒョンデi20Nラリー1)  2/3 2:51.2
2. O.タナック(ヒョンデi20Nラリー1)  2/3 2:51.7
3. T.ヌービル(ヒョンデi20Nラリー1) 2/3 2:52.1
4. S.オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2/3 2:52.2
5. A.フルモー(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー)  4/4 2:52.3
6. 勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2/3 2:52.4
7. K.ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1) 1/3 2:52.7
8. E.エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) 2/3 2:52.7
9. G.ミュンステール(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー)  2/3 2:56.2



ラリプラメンバーズ2024募集中!!