WRCスウェーデン:トヨタの勝田貴元が僅差の首位争いを展開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:トヨタの勝田貴元が僅差の首位争いを展開

©Toyota GAZOO Racing WRT

WRC第2戦ラリースウェーデンは、2月8日に同国北部のウメオで開幕。この日はSS1の走行が行われた後、9日金曜日はSS2〜SS8を走行。TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamの勝田貴元/アーロン・ジョンストンが総合首位を争い、この日を2番手で終えた。エルフィン・エバンス/スコット・マーティンは総合5番手で続いたが、今大会で今季初戦を迎えたカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネンは首位に立っていたSS4でコースオフを喫しデイリタイアとなった。
(以下チームリリース)


WRC 第2戦 ラリー・スウェーデン デイ2
大雪の中、森林地帯で行なわれたフルデイ初日の金曜日
勝田が総合2位、エバンスが総合5位につける

2月16日(金)、2024年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンの競技2日目デイ2が、スウェーデン北部ウーメオーのサービスパークを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamの勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(GR YARIS Rally1 18号車)が総合2位に、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)が総合5位につけました。また、デイ1で首位につけていたカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組 (69号車)は、コースオフによりデイリタイアとなりました。

Toyota GAZOO Racing WRT

ラリー・スウェーデンは、一日をフルに走行する「フルデイ」が金曜日からスタート。サービスパークの西側から北側にかけてのエリアで、7本合計107.90kmのステージが行なわれました。ステージでは朝から雪が降り続け、午後は急激に降雪量が増え10cm以上の雪が降り積もったステージもありました。激しい降雪により視界も非常に悪く、ドライバーたちは一日を通して厳しいコンディションでの走行を強いられました。

前夜のSS1でベストタイムを記録し、首位に立ったロバンペラは、デイ2オープニングのSS2でベストタイム、SS3で2番手タイムを記録し首位の座をキープしました。しかし、続くSS4では多くのクルマが足もとをすくわれた場所でスピンを喫し雪壁に接触。ラジエーターにダメージを負ってデイリタイアとなりました。ロバンペラのクルマはサービスパークで修理され、明日のデイ3で再出走する予定です。

Toyota GAZOO Racing WRT

SS4では、総合2位につけていた勝田がベストタイムを刻み、総合2位のライバルに11.4秒差の総合1位にポジションアップ。エバンスは総合3位に順位を上げました。エバンスはSS3で360度スピンを喫しましたが、上手くリカバーしてタイムロスを最小限に抑えました。

午後の再走ステージでは降雪量がさらに増え、出走順が早い勝田は苦戦。それでも渾身の走りを続けSS6までは首位を保っていましたが、SS7でエサペッカ・ラッピ(ヒョンデ)に逆転を許し総合2位に後退。最終のSS8で差はさらに拡がりましたが、それでも3.2秒差の総合2位につけています。また、エバンスは前走者の問題により午後2本目のSS6からは出走順が一番手となり、深い雪を掻き分けながらの走行に。非常に不利な走行条件となったためタイムを大きく失い、総合5位で一日を終えました。

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)
ラリー・スウェーデンでこれほどの大雪に見舞われたのは、私の記憶では10年以上ぶりです。ドライバー、特に出走順が早いドライバーたちにとっては非常にトリッキーな状況でした。カッレは今朝いいスタートを切り優勝争いに加わっていましたが、残念ながらミスをしてしまいました。もちろん残念なことですが、それもラリーの一部ですし、優勝を目指してプッシュしているときには起こり得ることです。エルフィンは、このようなコンディションでの出走順だったことを考えるとスマートなドライビングでしたし、素晴らしい仕事をしたと思います。そして、今日は貴元も本当にいい走りでした。明日はコンディションが良くなり、彼にとっては楽な状況になるはずです。貴元とエサペッカがいい戦いをすることは間違いないと思いますし、ラリーの最後までそれが続くことを願っています。

カッレ・ロバンペラ (GR YARIS Rally1 HYBRID 69号車)
これほど早く一日が終わってしまい、とても残念です。ラリーのスタートは良かったですし、優勝争いをするチャンスもありました。大雪によりコンディションはトリッキーで、グリップレベルも頻繁に変化していました。自分は右コーナーでラインが少し膨らんでしまい、自分よりも前に走った何人かのドライバーが既に雪壁に当たって大きな穴が開いていたようで、それによってスピンをしてしまいました。ラジエーターを破損し、それと同時にパンクもしてしまいました。自分たちである程度まで修復をすることはできましたが、残念ながら競技を続けることはできませんでした。チームにとても申し訳なく思いますが、日曜日には多くのポイントを獲得できる可能性があるので、ポイントを持ち帰れるようにトライします。

エルフィン・エバンス (GR YARIS Rally1 HYBRID 33号車)
今日はとても難しいコンディションでした。朝最初のステージは視界が悪く、その後は路面に滑りやすい雪が多くあり、非常にグリップが低い状態でした。午前中2本目のステージでは、ハイスピードでスピンをしてしまいましたが、それだけで済んだのはラッキーです。午前中の最後には状況が少し良くなりそうでしたが、午後になると天候がかなり悪くなりました。最後の3本のステージでは出走順がトップになってしまいましたが、コンディションがこのように極端に悪くなると、それによって大きな差が出てしまいます。もちろん、明日はコンディションが良くなってくれることを期待しています。

勝田 貴元 (GR YARIS Rally1 HYBRID 18号車)

Toyota GAZOO Racing WRT

本当に厳しいコンディションの一日でした。朝最初のステージでさえ雪が多く、その後さらに雪の量が増えて行きました。今朝は、自分たちが快適に走れるリズムを見つけることに集中しました。大きなリスクを避けて走ったことが、結果的に功を奏したと思います。そして午後は、予想通り非常に難しくなり、道の上にとどまることすら難しい時もありました。雪面に刻まれたラインに沿って走ろうとしたのですが、ラインがまったくないこともありました。自分の2台後方からエサペッカがスタートしていたので、あまりタイムを落とさないようにプッシュしなければなりませんでした。結局、順位を守ることはできませんでしたが、トップと近い位置につけていますし、ラリーはまだ2日あるのでプッシュし続けたいと思います。

ラリー・スウェーデン デイ2の結果
1 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) 58m18.8s
2 勝田 貴元/アーロン・ジョンストン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +3.2s
3 オリバー・ソルベルグ/エリオット・エドモンドソン (シュコダ Fabia RS Rally2) +1m20.7s
4 アドリアン・フォルモー/アレクサンドレ・コリア (フォード Puma Rally1 HYBRID) +1m26.3s
5エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +1m50.0s
5 ゲオルク・リンナマエ/ジェームズ・モルガン (トヨタ GR Yaris Rally2) +1m50.1s
7 サミ・パヤリ/エンニ・マルコネン (トヨタ GR Yaris Rally2) +2m05.8s
8 ローペ・コルホネン/アンシ・ヴィニッカ (トヨタ GR Yaris Rally2) +2m08.6s
9 ミッコ・ヘイッキラ/クリスチャン・テモネン (トヨタ GR Yaris Rally2) +2m19.0s
10 ラウリ・ヨーナ/ヤンニ・フッシ (シュコダ Fabia RS Rally2) +2m45.7s
51 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +49m42.9s
(現地時間2月16日20時00分時点のリザルトです。最新リザルトはwww.wrc.comをご確認下さい。)

明日のステージ情報
競技3日目となる2月17日(土)のデイ3は、サービスパークの西側から北側にかけての広い範囲が舞台に。3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行した後、一日の最後にウーメオー・スプリントの走行距離を2倍近くまで延長した「ウーメオー1」がSS15として行われます。SS9/12は新しいステージであり、SS11/14は昨年行なわれたボッツマークのステージと一部が重なっています。SSは全7本でその合計距離は125.96kmと4日間で最長。リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は533.34kmとなります。



ラリプラメンバーズ2024募集中!!