フォーラムエイト、WRCスウェーデンの「FORUM8 WRC2 Most Stage Wins Award」はオリバー・ソルベルグ/エリオット・エドモンドソン組 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

フォーラムエイト、WRCスウェーデンの「FORUM8 WRC2 Most Stage Wins Award」はオリバー・ソルベルグ/エリオット・エドモンドソン組

©Red Bull

WRCラリージャパンのタイトルスポンサーを務めるフォーラムエイトは、今季からWRC2部門を対象に創設した「FORUM8 WRC2 Most Stage Wins Award」、第2戦ラリースウェーデンの受賞者として、オリバー・ソルベルグ/エリオット・エドモンドソン組(シュコダ・ファビアRSラリー2)を選出した。

(以下、発表リリース)


2月15日(木)から18日(日)に行われたWRC世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリースウェーデンにおける「FORUM8 WRC2 Most Stage Wins Award」受賞者は、11ステージに勝利し圧倒的強さでWRC2クラスウィナーとなったオリバー・ソルベルグ(スウェーデン)/エリオット・エドモンドソン(英国)に決定し、特製トロフィーが授与されました。

元WRCチャンピオンのペター・ソルベルグを父に持つソルベルグは、2001年生まれの22歳。ラリークロスなどを経て2019年に17歳でWRCデビューを果たしています。今回のラリースウェーデンでは、最初の4ステージで連続ステージウィンを果たすと、その後もコンスタントにトップ争いに加わり、全18箇所のSSのうち最多の合計11ステージで勝利を獲得。最終的には、2位に1分19秒7もの大差をつけてWRC2クラス優勝を手に入れています。

ソルベルグは、「完璧な週末でした。まずはシュコダ・モータースポーツに感謝します。本当にありがとうございました。とても難しいラリーでした。毎日トリッキーなコンディションでしたが、クルマはとてもよく走ってくれましたし、タイヤの摩耗など、この難しいコンディションに対応できるよう、ハードに取り組んできました。でも、最終的には素晴らしい週末になったと思うし、すべてが順調でした」、とコメントしています。

「FORUM8 WRC2 Most Stage Wins Award」表彰制度は、WRC日本ラウンドをタイトルパートナーとしてサポートする株式会社フォーラムエイト(本社東京、伊藤裕二代表取締役社長)が、WRCトップレベルへのステップアップを目指す将来有望な選手育成を目的として設立しました。同社は、来たる4月にイタリア・ミラノで開催されるデザイン展示会「スーパーデザインショー」に出展し、IT技術によるインテリア、空間のデザインソリューションを提案すると共に、ラリージャパンの映像を活用し、日本の自動車業界やモータースポーツ文化の普及に貢献する展示を展開する計画となっています。



RALLY CARS