肋骨負傷のエルフィン・エバンス、今年最後のテスト不参加も24年開幕戦には参戦の見込み – RALLYPLUS.NET ラリープラス

肋骨負傷のエルフィン・エバンス、今年最後のテスト不参加も24年開幕戦には参戦の見込み

©TOYOTA

11月終わりに自転車でのトレーニング中に落車して負傷したトヨタのエルフィン・エバンスだが、2024年WRC開幕戦のモンテカルロまでには回復の見込みのようだ。

アクシデントの詳細は明かされていないが、先日35歳になったばかりのエバンスは、肋骨を痛めたと見られている。トヨタの2023年最後のテストにも不参加となったが、年明け1月中旬に予定されているモンテカルロ向け最終テストには参加できる見込みのようだ。

チーム代表のヤリ‐マティ・ラトバラからの期待が高まるエバンス。ラトバラ代表は、医師からのアドバイスに基づきエバンスの回復は順調に進んでいると語った。エバンスは飛行機に乗らないようにアドバイスを受けたことから、12月8日にアゼルバイジャンのバクーで開催されたFIA表彰式を欠席。表彰式ではコ・ドライバーのスコット・マーティンが、選手権2位のトロフィーをふたり分受け取った。

2024年開幕戦のモンテカルロの会期は、1月25日〜28日。チームメイトでタイトル連覇を飾ったカッレ・ロバンペラが、2024年は限定参戦になることから、エバンスはタイトルの有力候補のひとりと目されている。
(Graham Lister)



RALLY CARS