ラリースウェーデン、WRCとの契約を2027年まで延長 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリースウェーデン、WRCとの契約を2027年まで延長

©Jaanus Ree / Red Bull Content Pool

ラリースウェーデンのイベントプロモートと運営を担うスウェーデンの自動車連盟と、WRCプロモーターとの契約が合意に達し、ラリースウェーデンは少なくとも2027年までWRCラウンドとして開催されることが決まった。

契約の中には、イベントが同国北部の学園都市、ウメオでの開催を継続することが盛り込まれている。ラリースウェーデンはWRCが創設された1973年からバルムランドで開催されていたが、雪不足などにより2022年から拠点をウメオに移している。

WRCプロモーターのサイモン・ラーキンは「この合意により、スウェーデンのWRC継続と、WRC唯一のフルスノーラリーの将来が確約された」と語る。ラリースウェーデンのボス、アンナ・ノルドクビストも「ラリースウェーデンとウメオは、WRCが開催されて以来、すべての人の期待を超えるイベントを開催している」と付け加えた。

2024年もシリーズ第2戦として、2月15日〜18日に開催されているラリースウェーデン。今回は観客向けの特設ステージ、レッド・バーン・アリーナとファンゾーンは規模を広げて展開されることが見込まれている。
(Graham Lister)



ラリプラメンバーズ2024募集中!!