2024年国内参戦体制発表のトヨタ「来シーズンも、もちろん負け嫌い」豊田章男会長コメント全文 – RALLYPLUS.NET ラリープラス
現地速報がすぐわかる! バックナンバーが読み放題。ラリプラLINE限定コンテンツ配信中

2024年国内参戦体制発表のトヨタ「来シーズンも、もちろん負け嫌い」豊田章男会長コメント全文

©RALLYPLUS

トヨタ・ガズーレーシングが12月12日、東京都内で開催した「TOYOTA GAZOO Racing 2024年 国内体制発表」では冒頭、「モリゾウ」こと豊田章男会長が登壇。2023年にWRC、WECをはじめ8つのタイトルを獲得したことに喜びを見せるとともに、2024年はさらに強くなるための努力を続けていく決意を語った。

(以下、発表リリース)


豊田 章男会長

2023年、我々TOYOTA GAZOO Racingは8つのタイトルを獲得することができました。

モリゾウは「大の負け嫌い」です…
8つのチャンピオンを皆さんが思ってる以上に喜んでおります。
めちゃくちゃ嬉しいです!
チームのみなさん、ドライバーのみなさん、
そしてファンの皆さま、本当にありがとうございました。

この「負け嫌い」という言葉は、今や我々の合言葉のようなものです。

ラリーフィンランドではコースオフして戻ってきたロバンペラ達が
私に「We hate to lose!」と言って諦めない気持ちを示してくれました。

ドライバーだけじゃない、このチームは、みんながみんな負け嫌いなんです。
この共通認識が本当に強さの秘訣なんだと、この時に思っていました。

私自身、なぜこんなにも負けることが嫌いなのか?先日、振り返ってみました。
頭に浮かんだのはニュルの景色です。それも自分が抜かれていくシーン…
この景色が私の「負け嫌い」の原点でした。
抜き去っていくのは欧州メーカーの開発車両…自分が乗っていたのは生産/販売を終えた80スープラ…

抜き去っていく車からは聞こえるはずのない「トヨタにこんな車つくれるわけないだろ…」
という声が聞こえていました。今思い出しても悔しい…。この悔しさが私の原点でした。

それ以来、絶対に“そういうクルマ”を作れるようになってやる!と必死にやってまいりました。
私が運転訓練を重ねてきたのも、その一心です。
エンジニアじゃない私でも、なんとかクルマづくりに参画したい、そのための行動でした。

思い返すと…最初は一人で戦っていました。
今みたいに、私が「負け嫌い」と叫んでも、当時は誰も答えてくれなかったと思います。

20年近くかけ、今では本当に仲間が増えてきました。
ドライバーだけでなく、エンジニアもメカニックも
悔しさを分かち合い…、モータースポーツで戦いながら
“当時つくれるわけない”といわれていたクルマをつくろうとする仲間たちです。

モータースポーツで勝つためにはみんなで“乗りやすいクルマ”をつくらないといけません。

8つのチャンピオンは、まさに、
そんなクルマづくりができるようになった結果だと思っています。

来シーズンもTOYOTA GAZOO Racingは、もちろん負け嫌い。
「絶対に勝ちたい!」「そのために、クルマを、どうやってよくしていこう?」
そんな想いでモリゾウのもとに仲間たちが集まってくれました。



ラリプラメンバーズ2024募集中!!