2023年のJRCAアワードは内藤学武と松倉拓郎が受賞 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

2023年のJRCAアワードは内藤学武と松倉拓郎が受賞

©JRCA

JRCAは、2023年のJRCAアワードに内藤学武と松倉拓郎を選出したことを発表した。今季の全日本ラリー選手権で、内藤はJN-4クラス、松倉はJN-5クラスのドライバーズ選手権タイトルを獲得した。

(以下、発表内容)


2023年第18回JRCAアワードは内藤学武選手と松倉拓郎選手

JRCAでは全日本ラリーをはじめとする国内ラリーの振興・発展に貢献した人物や団体、年間を通して活躍した選手を表彰する「JRCAアワード」を2006年に創設しました。この賞は、これらの人物や団体への感謝を表すとともに、その功績を讃え広く紹介しようとするものです。

第18回となる2023年度は、全日本ラリー選手権JN-4クラスでチャンピオンを獲得した内藤学武選手とJN-5クラスでチャンピオンを獲得した松倉拓郎選手に贈られました。

内藤 学武 選手

JRCA


JN-4クラスにSUZUKIスイフトスポーツ(ZC33S)で参戦。第2戦新城ラリーでシーズン1勝目を挙げると、続いて出場した第4戦久万高原ラリーはリタイアとなったが、その後の第5戦RALLY TANGO、第6戦ラリーカムイでは2位。そして、第7戦ラリー北海道と最終戦ラリーハイランドマスターズでは見事連勝を飾り、自身初となるシリーズチャンピオンを獲得した。全8戦中6戦に出場し、優勝3回、2位2回と、ターマック・グラベル両ラウンドで高いパフォーマンスを発揮した内藤選手に2023年度のJRCAアワードを授与いたします。

松倉 拓郎 選手

JRCA

これまで、全日本ラリー選手権はスポット参戦のみで、シリーズへの本格参戦は2023年が初挑戦となった松倉選手。JN-5クラスで、ターマックラウンドはTOYOTAヤリス(MXPA10)、グラベルラウンドはMAZDAデミオ(DJLFS)と、特性の異なる2台のクルマを巧みに使い分け、出場した5戦すべてで2位以上を獲得するという抜群の安定感と速さをみせました。シリーズ参戦初年度にもかかわらず、クレバーかつアグレッシブな走りでファンを魅了し見事チャンピオンを獲得した松倉選手に2023年度のJRCAアワードを授与いたします。



RALLY PLUS