WRCラリーポルトガル:デイ1チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCラリーポルトガル:デイ1チームコメント

 

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
ダニエル・ソルド/総合2位
「マシンやタイヤを気に懸けながらプッシュしていた。まだ先は長いからね。メキシコとは違って、ここでは自信を感じているし、首位を狙うためには欠かせないことだ。テストではいい手応えを感じていたし、今日のリザルトでそれが証明された。明日もプッシュを続けるよ」

ミッコ・ヒルボネン/総合4位
「ハードタイヤを履いた途端に、ドライブしにくくなった。それでもプッシュはしたが、あれ以上プッシュしたらたぶんタイヤがなくなっていたと思う。ちょっと悔しいけど、それほどタイムをロスしていないことが救いだ。明日は間違いなく、もっといい日になると思うよ」

[カタールMスポーツWRT]
エフゲニー・ノビコフ/総合6位
「今日はベストを尽くし、ペースもそれほど悪くなかった。もちろん、もう少し順位が上だったらいいと思うが、今日はこんなものかな。明日も攻めていくよ」

マッズ・オストベルグ/SS3でクラッシュ、リタイア
「僕とヨナス(アンダーソン、コ・ドライバー)との、コミュニケーションのトラブルだった。まだオンボードを見ていないので、僕が聞き間違えたか、彼が読み間違えたか分からない。いずれにしても、5レフト・マイナスというノートだったと思うが、実際は4レフト・マイナスだった。コーナーの進入速度が高すぎで、アウト側をバンクにヒットし、そして転倒したのかな?最初はSSの上、そのあとアクセス路に転がって、そこで亀の子状態で止まった。ロールケージのダメージはないし、それ以外の部分はメカニックが交換できるので、明日は再スタートする。ここでまた優勝するよりも、宝くじに当たる方が簡単なんじゃないかな。もちろん不可能ではないけど、明日はいくつかのことをテストして、もしポイントが獲得できればそれはボーナスだね。でも、(セバスチャン)オジエを負かすことが不可能ではないことが分かったから、それは好素材だ」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
セバスチャン・オジエ/総合首位
「タイヤ選択はベストとは言えなかったが、それでもいい一日だった。ソフトタイヤがよかったのは、スリッパリーだった午前の最初のステージだけだった。残りのステージ、特に2本目はマシンにとってかなり厳しかった。体力的には、まだ100%の状態ではない感じ。ステージで走っている間は、気が紛れるけど、一日を終えた今、体力的にはいつもとは違う状態だなと感じている」

ヤリマティ・ラトバラ/総合3位
「午前中は慎重に滑り出して、ハードとソフトのミックスを選んだ。2本目からは全部ハードにした。午前中の2SSでセカンドベストが出せて、いい気分だったね。3位という順位もうれしいし、目指すのはトップ3の順を守り切ることだ。バトルもステージも、明日はよりいっそう過酷になると思う。でも、明日に向けてシャシーのセッティングを改善できるアイディアがいくつかあるんだ」

[カタールWRT]
ティエリー・ヌービル/総合5位
「今日はよかったが、最初のステージでかなりタイムをロスしたのが残念だ。なぜなのか、よく分からない。たぶん走行順だと思うが、セッティングにも100%満足できていなかった。いくつかのコーナーでオーバーステアが出ていたので、思うようにプッシュできなかった。2ループ目では走りがよくなって、フィーリングもよくなった。首位とは30秒しか差がついていないので、明日どこまで詰められるか見ていきたいね。できればいくつか順位を上げたい」

デニス・カイパース/総合10位
「今日はうまく行った。リズムをつかむまでちょっとかかったが、2ループ目ではタイムはよくなっているし、ポイント圏内につけている。まだ先は長いので、今の調子で続けていきたい」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
アンドレアス・ミケルセン/総合14位
「このマシンをドライブすることが、とにかく素晴らしいよ。ポロR WRCは最近ドライブしてきたラリーマシンより、格段にパワーがある。このラリーで最も重要なことは、マシンになれることだ。僕にとって鍵となるのは、できる限り経験を積むこと。まだ修行の途中だと思うが、速さが出ているときは劇的に向上している。残念ながらSS4ではスタートから1km辺りからパワステが使えなくなってしまった。リークが見つかったので、最終ステージまでに修復した。明日は走行順が1番になるので、間違いなく苦労すると思うけど、ここには修行のために来ているし、それもその一環だ」

ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018