WRCスウェーデン:デイ3を終えて新井大輝は7番手キープ、勝田貴元は8番手に浮上 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:デイ3を終えて新井大輝は7番手キープ、勝田貴元は8番手に浮上

©Naoki Kobayashi

WRCスウェーデンは2月11日、競技3日目のSS15までを終えて、フォード・フィエスタR5でWRC2部門に挑んでいるTOYOTA GAZOO Racingチャレンジプログラムの育成ドライバー、新井大輝がクラス7番手と前日からの順位をキープ。勝田貴元は、昨年のコリンズ・クレストで最長飛距離の記録を更新したアイビン・ブリニルドセンをかわして8番手に浮上した。

新井は「タフな一日だった。スピンが2回あったし、右フロントのアームも破損して、リズムをつかむのが難しかった。プッシュしている時はあまりタイムがよくないのに、少し抑えて走るとタイムがいい。リズムをつかんで、バランスのようなものを取らなくてはならないのだと思う」

一方の勝田は「かなりいい一日だった。特にドラマもなく、ドライビングに集中できた。ペースノートも、昨日より格段によかった。今日の内容には、かなりハッピー。明日は最終日なので、集中を維持して経験を積み重ねていく」

WRC2部門では、ポンタス・ティデマンド(シュコダ・ファビアR5)が2位との差を1分以上に拡げ首位を守っている。2番手のテーム・スニネン(フォード・フィエスタR5)と3番手オーレ・クリスチャン・ベイビー(シュコダ・ファビアR5)は、依然として僅差の争いを続けている。

WRCスウェーデン WRC2部門 SS15終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1P.ティデマンドシュコダ・ファビアR511:36.0
2T.スニネンフォード・フィエスタR5+1:16.2
3O-C.ベイビーシュコダ・ファビアR5+1:21.5
4E.カミリフォード・フィエスタR5+2:50.5
5G.グリーンスミスフォード・フィエスタR5+4:37.2
6E.ベルクビストシトロエンDS3 R5+4:40.8
7新井大輝フォード・フィエスタR5+6:05.7
8勝田貴元フォード・フィエスタR5+11:31.7
9E.ブライニルドセンフォード・フィエスタR5+12:36.3
10J.コルタンフォード・フィエスタR5+18:42.6

トミ・マキネン・レーシングでは、ふたりの奮闘ぶりを伝える動画を毎日公開している。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS