【全日本ラリー開幕直前】いまさら聞けない、全日本ラリーとは – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【全日本ラリー開幕直前】いまさら聞けない、全日本ラリーとは

©RALLY PLUS

全日本ラリー選手権は、1980年から行われている国内最高峰のモータースポーツのひとつです。2012年以降は年間9戦が開催されており、北は北海道から南は九州まで、全国各地を転戦しています。

全日本ラリー選手権では、改造範囲や気筒容積によって6つのクラスに区分されています。

JN-6クラス – 最高峰クラスはWRX STIとランサーエボリューションXの戦い

RALLY PLUS

2500ccを超える4輪駆動のRN、RJ
主力車種:スバルWRX STI、三菱ランサーエボリューションX

JN6クラスは全日本ラリー選手権のなかでも最高峰の花形クラスです。このクラスの主力となるのは2Lターボの4輪駆動車、すなわちスバルWRX STIと三菱ランサーエボリューションX。いずれ劣らぬ百戦錬磨のベテランたちが激しく鎬を削っています。

JN-5クラス – 2WDの頂点を決めるバトル、FIA公認のRR車両も

RALLY PLUS

2500ccを超える2輪駆動のRN、RJ、およびRR(気筒容積別区分なし)
主力車種:プジョー208 R2、シトロエンDS3 R3-MAX、アバルト500ラリーR3T

ラリーRR車両が唯一参戦できるのがこのJN5クラス。ラリーRR車両とは、FIA公認のFIAによりグループR(R1~R3)として公認されたラリー専用のレーシングカー。その他にもトヨタ・ヴィッツGRMNターボ、プジョー208 GTiなど、バラエティに富んだラリーカーが2WD最速を競います。

JN-4クラス – トヨタ86&スバルBRZに、FF・4駆勢が戦いを挑む

RALLY PLUS

1500ccを超え2500cc以下のRN、RJ
主力車種:トヨタ86、スバルBRZ、ダイハツ・ブーンX4、ホンダ・シビックタイプR(FD2)

トヨタ86とスバルBRZの実質ワンメイクに近い状態となっているこのクラス。車両の基本性能に大きな差がないだけに、ドライバーとコ・ドライバーのコンビネーションが問われる接近戦が繰り広げられます。また、グラベルラリーではダイハツ・ブーンX4の速さも健在です。

JN-3クラス – 身近なコンパクトカーが覇を競う

RALLY PLUS

1500cc以下の2輪駆動のRN、RJ
主力車種:トヨタ・ヴィッツ、マツダ・デミオ

JN3クラスは1.5Lまでのコンパクトカーが走るクラス。トヨタ・ヴィッツ、マツダ・デミオなど、身近なハッチバック車が驚くほどのスピードを見せるのがこのクラスの魅力といえるでしょう。

JN-2クラス – 比較的ローコストで参加でき、腕の差が出やすいクラス

RALLY PLUS

1600ccを超え2000cc以下の2輪駆動のRPN
主力車種:トヨタ86、スバルBRZ

こちらもJN4と同様、トヨタ86とスバルBRZの2車種による実質的なワンメイククラス。改造範囲が制限されており比較的ローコストで参戦できることから若手の登竜門ともなっていて、若者たちの挑戦をベテラン勢が受けて立つ構図となっています。

JN-1クラス – 参加しやすさが魅力の入門クラス

RALLY PLUS

1600cc以下の2輪駆動のRPN、およびAE(気筒容積別区分なし)
主力車種:スズキ・スイフトスポーツ、ホンダ・フィット、マツダ・デミオ、日産マーチ、トヨタ・ヴィッツ、トヨタ・アクア

比較的ローコストで参加できるJN1クラスには、スズキ・スイフトスポーツ、ホンダ・フィット、マツダ・デミオ、日産マーチNISMO S、トヨタ・ヴィッツRSなどバラエティ豊かなコンパクトカーたちが揃います。また、AE車両(電気自動車やハイブリッド車)もこのクラスに区分され、トヨタ・アクアなどは意外な速さを披露するかも。

次ページ:ちょっと複雑なポイント制度を詳しく解説

12


ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS