WRCフォーラムエイト・ラリージャパン2023がエントリーリストを発行、ラリー1マシン9台を含む全36台が集結 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフォーラムエイト・ラリージャパン2023がエントリーリストを発行、ラリー1マシン9台を含む全36台が集結

©WRC PROMOTER

11月16日〜19日にWRC最終戦として開催するフォーラムエイト・ラリージャパン2023は10月23日、エントリーリストを公開した。

マニュファクチャラーズ選手権では、トヨタがカッレ・ロバンペラ、エルフィン・エバンス、セバスチャン・オジエをポイント対象ドライバーにノミネート。昨年表彰台に上がった勝田貴元は4台目のトヨタGRヤリス・ラリー1ハイブリッドを駆る。昨年優勝を飾ったヒョンデは、ティエリー・ヌービル、エサペッカ・ラッピに加え、ジャパンにはダニ・ソルドをヒョンデi20Nラリー1ハイブリッドのドライバーとして投入する。Mスポーツ・フォードはオィット・タナックとともに、既報どおりアドリアン・フルモーをフォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1のドライバーに起用した。

WRC2には11台がエントリーしており、筆頭はタイトルを狙うアンドレアス・ミケルセン、ニコライ・グリアジン、昨年は伊勢神トンネルで劇的なクラッシュを喫したカエタン・カエタノビッチ(いずれも(シュコダ・ファビアRSラリー2)が名を連ねる。全日本ラリー選手権連覇を果たしたばかりのヘイキ・コバライネン(シュコダ・ファビアR5)は、昨年はWRC2の4位でフィニッシュしており、さらに好リザルトが期待される。日本からは福永修(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo)、今井聡(シトロエンC3ラリー2)が同部門にエントリーしている。またプジョー208ラリー4を駆る新井大輝はRC4クラスでエントリーした。WRC3には唯一、カナダのジェイソン・ベイリーがフォード・フィエスタ・ラリー3で出場する。

FIAの安全規定に適合させることを条件に参加が認められるJRCar部門では、全日本ラリー選手権のJN-1クラスを戦う勝田範彦(トヨタGRヤリス)、新井敏弘(スバルWRX S4)、眞貝知志(トヨタGRヤリス)、JN-3クラスチャンピオンの山本悠太(トヨタ86)など強豪がエントリーしている。

WRCフォーラムエイト・ラリージャパン2023 エントリーリスト
https://app-cdn.sportity.com/5848cc98-d554-4cf8-96de-cf9585cd2bdb/ab8040bd-d864-4daf-9821-b990ea43c2cd_Entry%20List.pdf



RALLY PLUS