RALLY CARS vol.33 TOYOTA CELICA GT-FOUR ST205 – RALLYPLUS.NET ラリープラス
現地速報がすぐわかる! バックナンバーが読み放題。ラリプラLINE限定コンテンツ配信中

RALLY CARS vol.33 TOYOTA CELICA GT-FOUR ST205

それは『未完の大器』だったのか

1993年末から開発がスタートした3代目のグループAセリカ、ST205。ST165、ST185からの反省点を活かして量産車の時点で多くのアイテムを盛り込んだ。これら勝利を見越した取り組みとは裏腹に、開発は難航を極めた。ライバルに比べて大きく重たいボディ。気難しいフロントサスペンション。
スピードを渇望するあまり、いつしか道を違えた。しかし先代のST165、ST185がそうだったように、TTEの技術はその不利をいずれ克服できたのではないか。カローラWRCに続く道を作り上げたラリーカーを検証する。

お求めはお近くの書店または三栄オフィシャルウェブサイト、インターネット通販などでどうぞ。

ラリプラショップで購入

三栄ウェブサイトで購入 Amazonで購入 おトクな電子書籍版も 全ページプレビューはこちら

 

”飛竜の系譜”の裔として

RALLY CARS


これまでラリーセリカの歩んできた道は、決して順風満帆とは言えないものだった。
ST205の活躍を写真と共に振り返る


キーパーソンインタビュー ユハ・カンクネン

RALLY CARS


ST165、ST185を駆ってきたユハ・カンクネンだったが 新たなるウエポンとしてトヨタが提示してきたST205に戸惑いを隠せなかった。
それでも改善されたエンジンを武器に、ビッグサイズになったボディの欠点を補いつつ奮闘していた矢先、まさかの事態が起きた。


穿たれたピリオド

RALLY CARS


セリカGT-FOUR ST205を語る際、避けてとおれない、違法リストリクターにまつわる事件。不正へと駆り立てたのは勝利への重圧か、あるいは──。
関係者の証言をもとに、あらためて振り返る。


藤本吉郎にとってのST205

RALLY CARS


藤本吉郎がトヨタ・チーム・ヨーロッパのワークスドライバーとしての活動を開始した1994年ST205は、次期主力マシンとして開発の真っ只中にあった。
その後、実戦では苦労が絶えず キャリア断絶につがなる因縁のクルマとはなったが、自身にとっては思い出深い1台だという。


TTEチームマネージャーの回想

RALLY CARS


チームは モチベーションに溢れバラエティに富んだ国籍のメンバーが集い、たったひとつ、勝利という目標に向かって突き進んだTTE。
その黄金期を築きあげた当事者のひとりに 激動の時代を振り返ってもらった。


お求めはお近くの書店または三栄オフィシャルウェブサイト、インターネット通販などでどうぞ。

ラリプラショップで購入

三栄ウェブサイトで購入 Amazonで購入 おトクな電子書籍版も 全ページプレビューはこちら



ラリプラメンバーズ2024募集中!!