【再掲】WRCクロアチア:シェイクダウンはトヨタのカッレ・ロバンペラがトップ。勝田貴元は1.9秒差の5番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【再掲】WRCクロアチア:シェイクダウンはトヨタのカッレ・ロバンペラがトップ。勝田貴元は1.9秒差の5番手

©TOYOTA

2023年シーズンWRC第4戦クロアチアラリーは、4月20日(木)にシェイクダウンを終え、トヨタのカッレ・ロバンペラがトップタイムとなる1分54秒7をマーク。0.8秒差の2番手タイムにMスポーツ・フォードのオィット・タナックと、トヨタのセバスチャン・オジエが並んだ。4台目のトヨタGRヤリス・ラリー1をドライブする勝田貴元は1.9秒差の5番手につけている。

シーズン初の通常ターマックラリーとして開催されるクロアチア。ラリー前に行われたテストにおいて、ヒョンデのクレイグ・ブリーンがアクシデントに見舞われ、帰らぬ人となった。ヒョンデはラリーからの撤退も検討したが、遺族との話し合いの末、2台体制での参戦を決定。ブリーンもドライブする予定だったヒョンデi20Nラリー1は、彼の母国アイルランドの国旗をイメージした追悼カラーリングが施されている。

シェイクダウンは4月20日木曜日の午前9時から、サービスパークが置かれたクロアチアの首都ザグレブから西にある「Okic(3.65km)」で実施された。

トップタイムのロバンペラから1.4秒差の4番手タイムはヒョンデのエサペッカ・ラッピ、2.1秒差の6番手にヒョンデのティエリー・ヌービル、2.5秒差の7番手にMスポーツ・フォードのピエール-ルイ・ルーベが続いている。今回、マニュファクチャラー登録ドライバーから外れたトヨタのエルフィン・エバンスは1回のみの走行に留まり、2分44秒0のタイムでシェイクダウンを終えている。

ラリーは翌21日金曜日、現地時間8時03分(日本時間15時03分)に、SS1の「Mali Lipovec – Grdanjci 1(19.20km)」をスタートする。

※シェイクダウンのタイムが更新されたことを受けての再掲記事となります。訂正して、お詫び申し上げます。

WRCクロアチア シェイクダウン暫定結果
1. K.ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1) 3/3 1:52.8
2. O.タナック(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1) 3/3 1:53.6
3. S.オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1) 3/3 1:53.6
4. E.ラッピ(ヒョンデi20 Nラリー1) 3/3 1:54.2
5. 勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) 3/3 1:54.7
6. T.ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1) 3/3 1:54.9
7. P-L.ルーベ(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1) 2/3 1:55.3
8. E.カイス(シュコダ・ファビアRSラリー2) 4/4 1:59.7
9. O.ソルベルグ(シュコダ・ファビアRSラリー2) 4/4 1:59.9
10. Y.ロッセル(シトロエンC3ラリー2) 4/3 2:00.0
51. E.エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) 1/1 2:44.0
※各ドライバー名の後ろの数字は【ベストタイムをマークしたセッション/走行回数】



ラリプラメンバーズ2024募集中!!