ラリーリエパヤの2024年WRCカレンダー入りが確定、ラトビアで初開催 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリーリエパヤの2024年WRCカレンダー入りが確定、ラトビアで初開催

©@World / Red Bull Content Pool

ERCのラリーリエパヤが2024年、ラリーラトビアとしてWRCカレンダーに入ることが決まった。WRCは再び、新しい開催国を迎えることになる。

今回の決定は、ERCのグラベルラリーとしてリエパヤが長年の成功を収めてきたことに加え、WRCプロモーターがWRCカレンダーに少なくとも1枠をこのようなイベントのために確保した約束が反映された。WRCプロモーターはWRCとERCの商業的権利を保有しており、WRCファミリーの一員として成長する可能性を秘めたイベントを見極めて支援する独自の立場にある。

ラリーラトビアのステージは超高速グラベルで、ヨーロッパで最もチャレンジングなラリーのひとつとして知られており、ドライバーとコ・ドライバーは、寸分の狂いもない技術と正確さが要求される。

@World / Red Bull Content Pool

WRCプロモーターのシニア・ディレクター、ピーター・トゥールは「ERCからWRCへの転換を可能にするために、WRCカレンダーに少なくとも一枠を確保することは、常に我々の目標となっていた」と語っている。

「ラリーラトビアに初めてこの枠が与えられたのは、そのスポーツ性とPR効果の高さ、そしてラトビア政府のラリーに対するコミットメントが明確に認められたということだ。この決定は、WRCにとってバルト海沿岸地域が戦略的に重要であることを示している。放送パートナーであるTV3とは長年の関係にあり、2024年の大会に向けて協力関係を拡大できることを期待している。また、WRCは150カ国以上、50以上の放送局とのネットワークを構築しており、世界で最も広く視聴されているモータースポーツ選手権のひとつとなっている」

イベント主催者はFIAおよびWRCプロモーターと密接に協力し、WRCラウンドに要求される高い基準を満たすイベントを開催してきた。ラリーの開催エリアは世界ラリークロス選手権の開催地として知られるリガ、ラトビア第3の都市リエパヤからタルシ、トゥクムス、クルディガ、ディエンビドクルゼーメまでラトビアの広範囲に広がる。

@World / Red Bull Content Pool

「夢が実現した瞬間。数年前から始めていた我々の仕事は、2024年にラトビアがWRCを開催するための明確な道筋を示すことで、ようやく完結した」とラリーラトビアのディレクターで元ラリードライバーでもあるライモンド・ストロクスはコメントを寄せた。

「ラリー主催者として、RAイベンツにとって非常に大きな節目になると同時に、大きな責任を伴うもの。しかし我々には、ラトビア政府、ラリー都市であるリエパヤ、首都リガ、そして総合スポンサーのテト社、そのほか多くの頼もしいパートナーがいる。そして、その背後には、さらに多くの熱意あるチームがいる。このチームとともに、我々の前に立ちはだかるあらゆる難題に挑戦していく覚悟だ」

ラトビアは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でカレンダーが混乱する2020年、代替イベントとして8月にERCとの併催で開催目前にまで迫ったが、わずかな差で実現せず。パンデミックの影響が続く2021年はリザーブイベントのリストに入り、6月のWRCサファリが開催できなくなった場合のバックアップとして準備を進めていると見られていたが、WRCサファリが予定どおり開催されたためERCの単独開催となっていた。主催者は以降もWRC開催への努力を続け、2022年始めには政府支援を確保したことを表明していた。

2024年ラリーラトビアの会期については、現在調整中だが、今季のERCリエパヤは第4戦として6月17〜18日に予定されている。

*世界モータースポーツカウンシルの承認待ち



RALLY CARS