WRCモンテカルロ:トヨタ、3タイトル連覇に向け2023年WRCの初戦に臨む – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:トヨタ、3タイトル連覇に向け2023年WRCの初戦に臨む

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、1月19日(木)から22日(日)にかけてモナコを拠点に開催される2023年WRC開幕戦ラリーモンテカルロ(アイス&ターマック)に、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン、セバスチャン・オジエ/バンサン・ランデをマニュファクチャラーズ選手権のポイント対象としてノミネート。勝田貴元/アーロン・ジョンストンは、4台目のGRヤリス・ラリー1ハイブリッドをドライブする。チームは、タイトル連覇に挑むシーズンで最高の滑り出しをみせるべく、一丸となって臨むとしている。
(以下チームリリース)

TOYOTA


WRC 第1戦 ラリー・モンテカルロ プレビュー
2023年WRC開幕戦ラリー・モンテカルロに
最高の結果を得るべくチーム一丸となって臨む

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、1月19日(木)から22日(日)にかけて、モナコおよびフランスで開催される、2023年FIA世界ラリー選手権(WRC)第1戦「ラリー・モンテカルロ」に、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(GR YARIS Rally1 HYBRID 69号車)、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)、セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組(17号車)、勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(18号車)の4台のGR YARIS Rally1 HYBRIDで参戦。WRC最長の歴史と伝統を誇るラリー・モンテカルロで、最高の結果を得るべく戦います。

最高峰カテゴリーが、それまでのWRカーから、ハイブリッドシステムを搭載するRally1 HYBRIDへと移行した2022年シーズン、チームは新たに開発したGR YARIS Rally1 HYBRIDで年間7勝を記録し、マニュファクチャラーズタイトルの防衛に成功。また、ロバンペラがWRC史上最年少記録となる22歳で初のドライバーズタイトルを、ハルットゥネンがコ・ドライバーズタイトルを獲得し、2年連続で三冠獲得を達成しました。そして迎える2023年シーズンは、GR YARIS Rally1 HYBRIDをさらに改善。ハイブリッドシステム冷却のためのクーリングインレットを含む、リヤのボディワークを変更しました。また、パフォーマンスをさらに高めるために、新しいスペックのエンジンも導入するなど、総合性能の向上に努めました。

TOYOTA

ドライバーに関しては、引き続きロバンペラとエバンスの二人が全戦に出場。彼らはドライバーズタイトルの獲得を目指します。そして、3台目のGR YARIS Rally1 HYBRIDのシートを、昨年1勝を挙げたオジエと、表彰台を2回獲得した勝田がシェアすることになります。オジエは、昨年の最終戦ラリージャパンで初めて組んだランデとのコンビを今シーズンも継続。今回は通算9回目となるラリー・モンテカルロ優勝に狙いを定めています。一方、勝田はオジエがエントリーしないラリーではチームの3台目として出場し、それ以外のラリーでは引き続きTGR WRCチャレンジプログラムにより4台目のGR YARIS Rally1 HYBRIDで出場。今シーズンもWRC全戦に参戦します。

2023年のラリー・モンテカルロは、昨年大会に続き全日程を通してモナコのハーバーにサービスパークが置かれ、そこを起点にフランス南部の山岳地帯で4日間に渡り競技が行われます。ステージは基本的に全てターマック(舗装路)ですが、天候によっては降雪路となる可能性もあり、一部の路面は濡れていたり、凍結したりするなど路面コンディションが一定ではないことが最大の特徴です。そのためタイヤ選択も非常に難しく、選手たちの技術だけでなく、チームの総合力がとても重要なラリーとして知られています。

ラリー初日の19日(木)は午前中にシェイクダウンが行われ、夕方、モナコ中心部のカジノ広場でのセレモニアルスタートで開幕。その後、モナコの北側に広がるフランスの山岳地帯で夜8時過ぎからデイ1として2本のステージが行われます。1本目のSS1は有名なチュリニ峠に向かう上りのステージ、2本目のSS2は2020年大会でも使用された、ラ・カバネットから峠道を下っていくダウンヒル中心のステージで、いずれも夜間の走行となります。

競技2日目となる20日(金)のデイ2は、モナコから100km以上北西に離れたフランス南部の山岳地帯で3本のステージを各2回走行。競技3日目の21日(土)は、デイ2よりもさらに西側のエリアでやはり3本のステージを各2回走ります。デイ3のステージの合計走行距離は111.78kmと4日間で最長。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は687.23kmに達し、早朝モナコのサービスパークを出発した選手が、夜サービスパークに戻るのは約15時間後となります。なお、デイ2とデイ3はモナコでの「ミッドデイサービス」の設定がなく、各ステージに比較的近いピュジェ=テニエの町に設けられた「タイヤフィッティングゾーン」での簡単な整備のみ許されているため、クルマにダメージを負うと大きな代償を払うことになります。

最終日となる22日(日)のデイ4は、木曜日のデイ1に近いエリアで2本のステージを各2回走行。そのうちSS16とその再走ステージであるSS18「ラ・ボレーヌ=ベジュビー/コル・デ・チュリニ」は、SS1と完全に同じステージですが、夜間ではなく昼間の走行となります。また、最終ステージとなるSS18は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。4日間で18本のステージを走行し、その合計距離は325.02km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1534.79kmが予定されています。

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)
ラリーファンにとって、シーズンの始まりはいつも非常にエキサイティングな瞬間ですが、今年もそれは変わりません。どのチームにも勝つチャンスがあるため、今シーズンはよりタフでチャレンジングな戦いになると思います。それでも、我々はこのチャレンジが好きですし、勝つために真剣に戦うことを楽しんでいます。もちろん、ターゲットは3つのタイトルを再び獲得することであり、それを実現しなくてはなりません。我々には強いクルマがありますが、ハードワークを続ける必要があることも、昨年よりも改善しなければならないエリアがあることも理解しています。毎年、どこを改善すればいいかを考えなければなりませんが、今年もいくつか変更を施しました。競争力と信頼性を備えたクルマがあり、ドライバーもクルマに慣れていて、良い結果を出したがっているので、全てにおいて準備は整っています。開幕戦のラリー・モンテカルロは、シーズン中最も難しいラリーです。初日の木曜日の夜、暗闇の中で行われるステージはドライバーにとって大きな挑戦ですが、最終日に良い結果を出してシーズンをスタートできることを願っています。

カッレ・ロバンペラ

TOYOTA

新しいシーズンの開幕を前にして、とても良いフィーリングです。チャンピオンシップを守るのは決して簡単なことではないと分かっていますし、競争のレベルが常に上がっていく様を見てきました。だからこそ、自分たちの力を高めハードにプッシュし続けなければなりません。チームは引き続きクルマの性能を最大限に引き出し、より速く、強くするために素晴らしい仕事をしてくれています。ラリー・モンテカルロは特別なイベントなので、シーズンの開幕は例年少しトリッキーでナーバスになります。それでも、クルマが完全に新しくなった昨年に比べれば、自信を持ってラリーに臨むことができますし、全てが正しい方向に向かっているので、昨年よりも落ち着いてスタートを切ることができるはずです。ラリー・モンテカルロでクリーンな走りをするのは決して簡単なことではありませんが、シーズンを確実にスタートするためにも、そのような走りをしようと考えています。

エルフィン・エバンス

TOYOTA

WRCのオフシーズンはいつも短いですが、それでも少し休むことができたので、新しいシーズンに向けて準備万端です。個人的に、昨年は期待外れでしたが、それでも何とか前に進むことができたので、今シーズンはもっといい結果を出したいと思っています。チームは常にクルマを進化させようと開発に取り組んでいますし、Rally1 HYBRIDの時代が始まってから12ヶ月が経過して、物事をより良く理解できるようになりました。これまでと同じように競争の激しいシーズンになるとは思いますが、自分たちが有利な環境にあることは間違いないですし、タイトル争いに加わることが自分の目標です。モンテカルロは誰もが勝利を望むクラシックなイベントですが、非常に難しいラリーですし、特にコンディションの変化は大きな課題です。それでも、私にとっては楽しみなチャレンジなので、良い結果でシーズンをスタートできればと思っています。

セバスチャン・オジエ

TOYOTA

フル参戦を終了したとはいえ、シーズンの開幕に向けてとても興奮しています。WRC最高峰のラリーカーのステアリングを握るのは、いつだって楽しいものです。昨年はいくつかのラリーに出場し、本当に楽しむことができました。自分にまだ競争力があることが分かって安心したので、同じようなレベルを維持し、さらに多くの勝利を得るために戦うことが今年の目標です。昨年、チームは大きな成功を収めましたが、それに甘んじることなく、引き続き全力で働いています。ラリー・モンテカルロは私が最も勝ちたいと思っているイベントなので、今回もベストを尽くします。非常に複雑なラリーで、場所によってコンディションも装着するタイヤも異なるにも関わらず、規則で制限が厳しくなり事前に一日しかテストをできないため、ラリーの準備は以前よりも難しくなっています。しかし、それは誰にとっても同じことなので、私は過去の経験を最大限に生かせるように頑張ります。



ヘルメットのペイントはじめました!