TGR、東京オートサロンでGRヤリスRZハイパフォーマンスのオジエ/ロバンペラ仕様を世界初披露、GRヤリス・ラリー2コンセプトはデモランも予定 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TGR、東京オートサロンでGRヤリスRZハイパフォーマンスのオジエ/ロバンペラ仕様を世界初披露、GRヤリス・ラリー2コンセプトはデモランも予定

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingは、1月13日に千葉県の幕張メッセで開幕した東京オートサロンで、2022年にマニュファクチャラーズ、ドライバーズ、コ・ドライバーズのトリプルタイトル獲得を達成したWRC活動を支援したファンへの感謝と、WRCを盛り上げたいという想いを込めた「GRヤリス RZ“High-performance・Sébastien Ogier Edition Concept”」「GRヤリス RZ“High-performance・Kalle Rovanperä Edition Concept”」を世界初披露した。同モデルの発売時期および車両詳細は今後公開予定としている。

また、WRC参戦で培った知見を活かして開発、昨年のWRCラリージャパンで世界初披露した「GR Yaris Rally2 Concept」も屋外イベント会場で展示し、14日・15日にはデモランの実施も予定しているという。

そのほかラリー関係では、GRヤリス・ラリー1 ハイブリッド、GRヤリスGR4ラリー(グラベル仕様)も展示している。
(以下、リリース抜粋)

RALLY PLUS


TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)とLEXUSは2023年1月13日から15日の3日間、幕張メッセ(千葉市)で開催される“東京オートサロン 2023に出展します。

■モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり
TGRは、レースで勝つために鍛えたクルマを市販化するという「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を実践

TGRは、WRC参戦を通じて得た知見を、もっといいクルマづくりやあらゆるモータースポーツの発展に役立てたいと考えています。その一環として、ラリーにおいてもカスタマーモータースポーツへ本格的に取り組むことを目指し、多くのカスタマーモータースポーツチームが使用するRally2規定に即した「GR YARIS Rally2 Concept」を開発しました。2023年は、本車両をベースに開発した「GR YARIS WR Concept(仮称)」で全日本ラリー選手権に参戦して車両を鍛えるほか、カスタマーモータースポーツチームからのフィードバックを反映して開発を進め、2024年1月のホモロゲ―ション取得を目指しています。

TOYOTA

昨年、12年ぶりに開催されたラリージャパンが話題となったWRCを更に盛りあげていくべく、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team所属選手のうち、2021年にドライバーズタイトルを獲得したセバスチャン・オジエ選手、2022年に同じくドライバーズタイトルを獲得したカッレ・ロバンペラ選手が監修した特別なGRヤリスを初公開。両選手に合わせた車両セッティングを施したほか、内外装にこだわりを持ってつくり込みました。なお、同モデルの発売時期および車両詳細は今後公開予定です。

TOYOTA

また、同モデルのご成約者様には、WRCをともに戦うパートナーとして、WRC競技車両へその証の掲載、セバスチャン・オジエ選手・カッレ・ロバンペラ選手との懇談機会のご提供を検討しています。

詳細は以下URLからご覧いただけます。
https://toyotagazooracing.com/jp/eventexhibition/tokyoautosalon/lineup/#gryaris_so-kr

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!