WRCジャパン:トヨタ、12年ぶり開催の母国WRCで優勝を目指す – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCジャパン:トヨタ、12年ぶり開催の母国WRCで優勝を目指す

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、11月10日(木)から13日(日)にかけて日本の愛知県豊田市を拠点に開催される2022年WRC最終戦ラリージャパン(ターマック)に、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン、セバスチャン・オジエ/バンサン・ランデの3クルーをGRヤリス・ラリー1ハイブリッドでエントリー。トヨタの母国である日本で2010年以来初めて開催されるWRCラウンドでの優勝を目指す。また、勝田貴元はTOYOTA GAZOO Racing WRT Next Generationからアーロン・ジョンストンと組んで4台目のGRヤリス・ラリー1ハイブリッドで挑む。

(以下チームリリース)


12年ぶりに開催されるWRC日本ラウンド「ラリージャパン」に
チーム一丸となって臨みホームラリーでの優勝を目指す

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、11月10日(木)から13日(日)にかけて愛知県と岐阜県で開催される、2022年FIA世界ラリー選手権(WRC)第13戦「ラリージャパン」に、セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組(GR YARIS Rally1 HYBRID 1号車)、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(69号車)の、3台のGR YARIS Rally1 HYBRIDで参戦。12年ぶりに日本で開催されるWRCイベントで、今シーズン8回目の優勝と、ホームラリー制覇を目指して戦います。

第11戦ラリー・ニュージーランドではロバンペラがシーズン6勝目を挙げ22歳というWRC史上最年少記録でドライバーズタイトルを、ハルットゥネンがコ・ドライバーズタイトルを獲得しました。そして、約3週間後の第12戦ラリー・スペインでは、オジエがシーズン5回目の出場で今季初優勝を飾り、チームは二年連続となるマニュファクチャラーズタイトルを決定。昨年に続き、今シーズンも三冠を獲得しました。そしていよいよ、2022年のWRCは最終戦ラリージャパンを迎えます。

WRC日本ラウンドはかつて、2004年から2010年にかけて北海道で6回行われ、今回は12年ぶりの開催となります。ただし、戦いの舞台は北海道から愛知県および岐阜県へと移り、ステージの路面はグラベル(未舗装路)からターマック(舗装路)に変わるなど、完全に新規のラリーとして行われます。ラリージャパンは本来2020年に開催される予定でしたが、新型コロナウィルスの影響により2年連続で延期となっていました。愛知県の豊田市はトヨタにとってホームタウンであるため、チームの本拠地で開催されるラリー・フィンランドと同様に、ラリージャパンはホームラリーとなります。

ラリーの中心となるサービスパークは、愛知県豊田市の「豊田スタジアム」に置かれ、ステージは愛知県の豊田市、岡崎市、新城市、そして岐阜県の中津川市、恵那市に設定されます。ラリージャパンのステージは、岡崎市の河川敷の一部区間を除けば全てターマックであり、山岳地帯の一般道が大部分を占めます。山岳地帯の道は全体的に道幅が狭く、ツイスティなコーナーが連続するため、かなりテクニカルなステージといえます。一方で、道幅が広く緩やかな中高速コーナーが続くセクションもあり、ドライバーは速度とリズムの変化に、上手く対応しなければなりません。また、木々に囲まれている山岳地帯の道は、秋季は落ち葉や落ち枝が多くあり、それが路面のグリップ変化の要因になり得ます。さらに、11月の山間部は特に早朝気温が非常に低くなるため、路面温度がなかなか上がらず、タイヤをしっかりと発熱させて走らなければ十分なグリップを得ることができません。

チームのドライバーのうち、オジエはラリージャパンへの出場経験が過去1回あり、北海道開催最後の2010年大会で優勝。WRCキャリア2勝目を飾りました。また、ロバンペラとエバンスはラリージャパンのテストイベントとして2019年に行われた「セントラルラリー愛知・岐阜」を訪れ、競技には出場しませんでしたが、一部ステージの下見走行を行ないました。また、そのラリーには今回のラリージャパンにTOYOTA GAZOO Racing World Rally Team Next Generationから、GR YARIS Rally1 HYBRIDで参戦する勝田貴元が、選手として出場。WRカーのヤリスWRCをドライブし、国際格式部門で総合優勝を飾りました。

ラリーは10日(木)の午前中に豊田市の鞍ケ池公園でシェイクダウンが行われ、その後夕方からデイ1として競技がスタート。シェイクダウンのステージのほぼ逆走となるSS1「クラガイケ・パーク」が、ナイトステージとして行われます。山岳地帯での本格的なステージは11日(金)のデイ2から始まり、愛知県の豊田市および設楽町で「イセガミズ・トンネル」、「イナブ・ダム」、「シタラ・タウン R」という3本のSSを、ミッドデイサービスを挟んで各2回走行。6本のSSの合計距離は130.22kmに達し、全SSの走行距離の半分近い距離を一日で走ります。

12(土)のデイ3は、愛知県の豊田市、岡崎市、新城市で「ヌカタ・フォレスト」「レイク・ミカワコ」「シンシロ・シティ」「オカザキ・シティ SSS」という4ステージ、全7SSを走行。そのうちSS10シンシロ・シティのみ、1本だけの走行となります。また、一日の最後に岡崎市中心部の河川敷で行われるSS13/14オカザキ・シティ SSSは距離が1.40kmと短く、2本連続での走行に。ステージの一部区間はグラベルとなります。

ラリー最終日となる13(日)のデイ3は愛知県と岐阜県が舞台となり、SS15/19「アサヒ・コウゲン」、SS16/18「エナ・シティ」、SS17「ネノウエ・プラトー」という5本、合計69.82kmのステージを走行。そのうち、最終ステージのSS19はトップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーに、ボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。ステージは全部で19本で、その合計距離は283.27km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は965.25kmとなります。

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)

Toyota Gazoo Racing WRT

ラリージャパンのWRC復帰は、私たちが長い間待ち望んでいたことですし、TOYOTA GAZOO Racingのホームラリーに参戦できるのは、非常にエキサイティングなことです。このような素晴らしいシーズンを送った後、それほど大きなプレッシャーを感じることなく日本に行くことができるのは嬉しいですし、ラリーを楽しみたいと思います。また、GR YARIS Rally1 HYBRIDの走りをファンの皆さんに見ていただき、最高の結果を出したいとも思っています。ツイスティな山道は道幅が非常に狭いところもあり、秋の落ち葉もあって路面のグリップレベルが頻繁に変わる、ドライバーにとってトリッキーなラリーになりそうなので、しっかりと準備をして臨まなければなりません。

セバスチャン・オジエ

TOYOTA

ラリージャパンに向けてとてもエキサイティングな気分です。TOYOTA GAZOO Racingのドライバーにとってはハイライトともいえるラリーなので、この2年間は中止となってしまい、とても残念に思っていました。私は日本という国自体が好きですし、いい思い出もあります。ラリージャパンは過去に一度だけ参戦したことがありますが、その時は優勝しているので、勝率100パーセントの記録を維持しなければならないというプレッシャーも感じています。今回のラリーは過去の大会とはまったく異なり、かなり厳しいものになるだろうと思います。完全に新しいラリーでは誰もがゼロからのスタートとなり、できるだけ早く適応しなければならないのですが、私自身は新しいラリーに挑むことが好きです。きっと特別な体験になるでしょうし、今からとても楽しみです。

エルフィン・エバンス

TOYOTA

ついにラリージャパンに参戦できることを、チーム全員が楽しみにしていると思います。もちろん、目標はTOYOTA GAZOO Racingのホームグラウンドで良い結果を出すことです。前戦のスペインは個人的にはベストなラリーになりませんでしたが、ラリージャパンで改善点を見つけ、良い形で来年に備えることができればと思います。2019年にラリー開催地周辺のステージをいくつかレッキ(下見走行)しましたが、私の記憶では、非常にツイスティかつ狭いセクションと、高速で流れるようなコーナーが続くセクションがあり、かなり難しそうだったので、ラリー中はステージのキャラクター変化に上手く対応しなくてはならないでしょう。

カッレ・ロバンペラ

TOYOTA

ラリー・ジャパンにようやく出場できることになって、とても嬉しいです。特に、今シーズンはチームと共に良い成績を収め、既にチャンピオンも獲得しているので、チームはよりリラックスしてホームラリーを楽しむことができます。ですので、思いきりプッシュして、最後に良い結果を残したいと思っています。3年前にステージを何本か下見しましたが、かなりトリッキーなラリーになりそうです。道幅が広くてスムーズな路面の道もあれば、非常に狭い森の中のセクションもあり、そこでは路面がかなりダーティになる可能性があります。慣れない道を走りペースノートを新たに書き起こすなど、ラリー前のレッキはとても大変そうです。

RALLY PLUS