CUSCO Racing、GRヤリスでラリージャパンに参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

CUSCO Racing、GRヤリスでラリージャパンに参戦

©CUSCO

株式会社キャロッセのモータースポーツワークスチームであるCUSCO Racingは、11月10〜13日に愛知県、岐阜県で開催される、FIA世界ラリー選手権第13戦『FORUM8 RALLY JAPAN 2022』JRCar1クラスに、トヨタGRヤリスをエントリーした。ドライバーは柳澤宏至、コ・ドライバーは保井隆宏が務める。

(以下チームリリース)


CUSCO

ドライバーの柳澤宏至は、WRCに次ぐFIAラリー選手権であるアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)でシリーズ2位を獲得するなど海外ラリーの経験が豊富で、全日本ラリーでもスバル・インプレッサ、三菱ランサーエボリューションをはじめ、プジョー208やシュコダ・ファビアR5などをドライブし数度の総合優勝経験を持つベテランドライバーです。コ・ドライバーの保井隆宏は、2018年にCUSCO Racing からAPRCにシリーズ参戦し、コ・ドライバーとしてチャンピオンを獲得。現在も国内外を問わず活躍する日本屈指のコ・ドライバーです。

ラリーは愛知県豊田スタジアムを拠点に11月10日(木)に2.75km のショートステージでスタートし、11日(金)から13日(日)の3日間にかけて、18SSトータル283kmのターマックステージで競われます。12年ぶりの日本開催となる世界最高峰のモータースポーツであるWRCに参戦するにあたり、全日本ラリー仕様のGRヤリスをFIAの最新の安全規定に準じ仕様変更しますが、これまでのラリーカー同様、自社開発・製作のサスペンションやロールケージなどが装着されており、これらパーツの実戦での極限状態におけるテスト結果を市販アフターパーツへフィードバックしていきます。

RALLY CARS