恵那市「福寿の里 上矢作」内のモンゴル村がラリージャパン会期中の宿泊予約を開始 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

恵那市「福寿の里 上矢作」内のモンゴル村がラリージャパン会期中の宿泊予約を開始

©福寿の里 上矢作

岐阜県恵那市にある福寿の里 上矢作にある宿泊施設「モンゴル村」は、WRC最終戦フォーラム・ラリージャパンの会期にあたる11月11日、12日に宿泊を受け付けることを決定、予約を開始した。通常は10月までの営業だが、SS16/SS18 Ena Cityに近いことから、ラリージャパン会期中に限っての受け付けが決まったものだ。

宿泊施設はモンゴルの遊牧民の移動式住居ゲルと呼ばれるテントで、1棟の最大宿泊人数は4人まで。15棟分の予約を受け付ける。宿泊料金は通常どおりで、1棟1泊8200円+管理料ひとり1000円に加え、事務手数料などが加わる。

予約の受付は
0573-47-3010(9〜16時)
詳細は福寿の里 上矢作ホームページで。
https://www.fukujyunosato.com/mongolia.html

敷地内には「道の駅 上矢作ラ・フォーレ福寿の里」もあり、ラリージャパン会期中も通常営業を行っている。「たっぱら渓谷滝カレー」など人気のメニューも揃っているので、観戦の際にぜひ立ち寄ってみたい。

道の駅上矢作ラ・フォーレ福寿の里
https://fukujyunosato.com/michinoeki.html

福寿の里 上矢作

ヘルメットのペイントはじめました!