岡崎市で「ラリーミュージアムin岡崎」、今年も開催中 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

岡崎市で「ラリーミュージアムin岡崎」、今年も開催中

©Yoshiaki Aoyama

ラリージャパン2022開催まで残り2カ月、9月11日(日)まで愛知県岡崎市のイオンモール岡崎で「ラリーミュージアムin岡崎 2022」が開催されており、ラリー関連グッズやラリーカーの展示などが行われている。

会場はイオンモール岡崎の1Fセントラルコートと、3階のイオンホールの2会場が用意される。3Fのイオンホールではミニカーや応援フラッグの制作が可能なワークショップ、eスポーツ体験も開催。また、イオンモール内を巡回するスタンプラリーも開催(11日の午前10時からセントラルコートでスタンプカードを配布予定。全スタンプを押したらトートバッグがもれなくプレゼントされる)。他にもこれまで行ってきたラリーイベントの紹介コーナーや各種関連写真の展示も行われている。

Yoshiaki Aoyama


1Fのセントラルコートでは、以前のラリージャパンで活躍した三菱ランサーエボリューションⅩの00カーと、ヤリスWRC(レプリカ)が展示され、大型ブースではパブリックビューイングも開催となる。さらに地元出身の山本悠太の応援ボードも登場。応援メッセージを書き込めるボード、そしてこの同週末に開催されている「RALLY HOKKAIDO」での山本のトヨタGR86(#68 SammyK-oneルブロスYHGR86 山本悠太/立久井和子組)の速報結果が書き込まれる予定。
ラリー出場中の山本は現在クラス2番手につけており、「恥ずかしくないタイムを見せられるよう頑張りたいと思います」と語っている。

Yoshiaki Aoyama


他にも物販ブースも登場し、ラリージャパン関連グッズも入手可能。ラリージャパンに向けた盛り上げを加速させることとなる。恒例のトークショーも実施予定で、11日(日)はレースアナウンサーピエール北川さんを始め、中根康浩・岡崎市長、岡崎市出身のレースクイーンの橘香恋さん、岡崎市非公式キャラクターのオカザえもん、さらにはグレート家康公「葵」武将隊の面々が登壇する。さらに、WRC第10選アクロポリス・ラリー・ギリシャのパブリックビューイング(SS8~SS16)やラリー講座も開催される予定だ。

また、今回のラリーミュージアムの様子を写真に撮ってSNSに投稿することで、WRCに参戦している勝田貴元選手のサイン入りキャップなどが当たるSNS投稿キャンペーンも開催中。ぜひ参加してみてはいかがだろうか。
(Yoshiaki Aoyama)



ヘルメットのペイントはじめました!