RALLY CARS vol.31 SUBARU IMPREZA WRC2001-2002 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

RALLY CARS vol.31 SUBARU IMPREZA WRC2001-2002

先代の哲学を受け継いだ“最速セダン”

2001年、シーズン開幕戦に登場したスバル・インプレッサWRCは流麗な2ドアクーペから、4ドアセダンへと変貌した。カーボンで覆われた丸目4灯のフェイスは愛嬌さえ感じさせるが、緊張感のある武骨なフェンダーラインはそれが戦うためのマシンであることを無言のうちに物語る。2年でわずか3勝にとどまるがリチャード・バーンズに王冠を授け、ペター・ソルベルグの覚醒を促した。その後に続いた未来への礎として、功績を振り返る

ラリプラショップで購入

三栄ウェブからのご購入はこちら!

ちょっとおトクな電子書籍も好評発売中

なんと全ページプレビューも可能

Amazonからのご購入はこちら!

[PLAYBACK the Rally Scene 2001-2002] わずか3勝されど本質は栄光の数にあらず

満を持して送り出したはずの
インプレッサWRC2001は信頼性のトラブルに泣かされながら緻密な戦略でバーンズが戴冠。その1年後には研鑽を積んだ若手ソルベルグがWRC初勝利を手中に収めた。時に歯を食いしばり、時に滴る汗をぬぐいながら
常に前向き戦い続けた流星たちの記憶

技術考察 外観とは裏腹の正常進化

ガラリと見た目を変えたインプレッサWRC2001。しかしその根底に流れているクリスチャン・ロリオーの哲学は揺らがないWRC2000から2001、そして2002へ。年を追うごとにライバルとの差を詰めていった

[Interview with Key Person]ピエール・ジュノン

インプレッサを駆ってトップドライバーへと成長していくペター・ソルベルグの傍らには、常にこの男の姿があった。当時、本格的なキャリアを歩み始めてまだ数年だ。その若きエンジニアは、その後撤退までスバルと戦うことになる

The Story of Richard Burns 王者の逡巡。

2001年のWRCはスバルをはじめ、6つのメーカーがエントリー。何人もの優勝候補が覇を競う、厳しい戦いが繰り広げられていた。この年、リチャード・バーンズが獲得した勝利は1勝のみ同郷のライバル、コリン・マクレーとのタイトル争いはあっけなく終幕し望みすらしなかった王座を、わずか2点差で手にすることになった

インタビュー:ペター・ソルベルグ 地続きの進化、その過程。


2000年シーズンの途中、スバルに加入したペター・ソルベルグ。マクレーやバーンズのために作られたインプレッサWRCを、自身が望むようなラリーカーに仕立て上げるべく、彼はエンジニアのピエール・ジュノンと協力し、2シーズンをかけてコツコツと改良を続けていくそして、02年終盤、ついに“勝てる”最強の1台インプレッサWRC2002が完成した

インタビュー:新井敏弘
試行錯誤の日々

90年代後半から20年以上の長期にわたり日本人ドライバーのトップクラスを走り続け、現在は全日本ラリー選手権のJN‐1クラスで上位を争う新井敏弘。群馬県の自宅で、インプレッサWRC2001とともに走った想い出を聞いた

SUBARU IMPREZA WRC2001-2002
Results Encyclopedia 2001-2002
イラストで見る、スバル・インプレッサ WRC2001-2002全記録。

2001年シーズンから4ドア化されたインプレッサWRC。01年はエースのリチャード・バーンズが1勝ながらも王座を獲得。翌02年はその後スバルの代名詞となるペター・ソルベルグが、最終戦でついにWRC初勝利を手にした。

ラリプラショップで購入

三栄ウェブからのご購入はこちら!

ちょっとおトクな電子書籍も好評発売中

なんと全ページプレビューも可能

Amazonからのご購入はこちら!



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!