山野哲也がパイクスに参戦! 今週は全日本ジムカーナへ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

山野哲也がパイクスに参戦! 今週は全日本ジムカーナへ

 

全日本ジムカーナで何度となくチャンピオンに輝いている帝王・山野哲也。SUPER GTではGT300マシンを操り、初挑戦の全日本ラリーでもベストタイムをマークするなど多彩な才能を誇る。

その山野哲也が、世界屈指の名門ヒルクライムイベント、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに挑戦することになった。

エントリーリストによると、山野が駆るのはホンダ・エレクトリックSH-AWD with ・プレシジョン・オールホイールステア。この名称から、モーターを使用し、AWD+4WSといった4つのタイヤが個別に駆動するマシンと予想される。これまでもマシンやタイヤの開発に多大な貢献をもたらしてきた山野の開発能力が、新たな技術につながることが期待される。

「パイクスピークに関しては自分にとって未知の世界ですが、今回正式に参戦を受理されて、今からワクワクしています」と語る山野は、かつて米国に在住していた経験も持っている。

「個人的には、久しぶりにアメリカの大地に戻るということにもなるし、自分の高校生時代を懐かしく思い返しながら日々すごしています」

「パイクスについては2800mからスタートし、4300mがゴールということで、富士山までは足を踏み入れたことはあるけど、さらに1000m上に行くのは初めて。ものすごく速いスピードで、気圧もすごい勢いで変わっていくと思うので、体力的にもトレーニングしなければならないと思っています。手術した足についてはだいぶ良くなって毎日ランニングするくらいまで回復しています。まだ完調ではないけれどレースにはまったく心配はありません」

今年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは6月28日、コロラド州のコロラドスプリングスで開催される。

なお、山野は今週末、岡山国際サーキットで開催されている全日本ジムカーナ選手権開幕戦「全日本ジムカーナin岡山国際サーキット Supported by EXEDY」に、スバルBRZでPN3クラスにエントリー。今季緒戦を迎えている。

RALLY CARS
RALLY PLUS