WRCポルトガル:ピレリがスコーピオンの新しいグラベルタイヤを投入 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:ピレリがスコーピオンの新しいグラベルタイヤを投入

©PIRELLI

WRCにタイヤを単独供給するピレリは、今週開幕する第4戦ラリーポルトガルで、アップデートしたグラベルタイヤのKX WRCをデビューさせる。

ポルトガルのステージは高速でテクニカルなグラベル路で、路面は基本的にソフトでサンディなため、走行順が早いドライバーはグリップを得にくく、走行が重なると鋭利な岩や石とともに地盤が露出してくる。タイヤには性能と耐久性を両立させた万能さが求められ、戦略も1ループ目と2ループ目では大きく変わることが多い。また天候の変化もサプライズを起こすことがあり、戦略がより複雑になることもある。このため、ドライタイヤと同じくらいウエットタイヤが重要な役割を果たす可能性も出てくる。

Scorpion KX WRC:ピレリはラリー1マシン用のグラベルラリータイヤにふたつのコンパウンドを用意。いずれも2022シーズンにアップデートが行われており、構造を強化し、重量とトルクが増えた最新のラリー1マシンに合わせた設計となっている。ポルトガルでは、摩耗の激しい路面で耐久性を発揮するハードのHAが主な選択肢となる。気温が低い場合または湿ったコンディションになった場合の代替として、ソフトのSAが用意される。

Scorpion K:ラリー1マシンよりもパワーが低いラリー2マシンが対象となるWRC2とラリー3マシンが対象となるWRC3、ジュニアWRCにも、ハード(K4A)とソフト(K6A)の2種類のコンパウンドを用意。いずれも、ラリー1マシンが履くKXの特徴の多くが流用されている。

PIRELLI

テレンツィオ・テストーニ(ピレリ・ラリーアクティビティマネージャー)
「今季最初のグラベルラリーとなるポルトガルは、チームや新しいマシンにとって大きな試練となり、WRCで最も一般的な路面で比較できる最初の機会となる。また、我々のスコーピオンKX WRCの新しいHA、SAコンパウンドを初めて披露する場でもある。我々がWRCの単独供給に復帰した昨年のWRCで学んだことと、最新のラリー1マシンが要求する特殊な特性を組み合わせたものだ。ポルトガルのステージの地盤は固くて岩が多いので、ここではハードコンパウンドが第一の選択肢となるが、1ループ目や雨が降った場合にはソフトを選ぶクルーも多くなると見ている。天気や路面コンディションの幅が広くなる可能性もあるので、タイヤにとっても総合的なテストになるはずだ」

ピレリが今回のポルトガルに持ち込むタイヤの本数は約2400本。そのうちおよそ520本がラリー1マシン用となる。

ラリー1マシンの各ドライバーがラリー中に使用できるタイヤ本数は、シェイクダウンも含めて最大28本。2022年のグラベルラリーでの新しい規定により、ドライバーは従来の本数に加え、シェイクダウン前に、下記の通常の割り当てに加え、追加でいずれかのコンパウンド4本を選ぶことができる。

Scorpion KX WRC HA:24本
Scorpion KX WRC SA:8本

ピレリは、WRC2を含むそのほかの4WDマシンにもタイヤを供給する。ドライバーが使用できる最大本数は26本(シェイクダウンを含む。シェイクダウンに参加するドライバーは、通常の割り当てに加えてK4AかK6Aのいずれか4本を選ぶことができる)

Scorpion K4A:22本
Scorpion K6A:8本

ピレリは、このポルトガル戦が今季第3戦となるジュニアWRC勢にも210本のタイヤを供給する。クルーが使用できる最大本数は22本(シェイクダウンを含む)

Scorpion K4:18本
Scorpion K6:12本

ラリーポルトガルには100台がエントリー。うち、ラリー1マシンは今季最多の12台で、WRC2勢も41台を数える。4WDカテゴリーに加え、トヨタ・ガズーレーシングカップや、ワンメイクのイベリアン・プジョー2WDもピレリタイヤを履く。

PIRELLI



ワールドラリーカレンダー好評発売中!!