150周年を迎えたピレリが“キメラEVO37”を走らせる。コ・ドラはペター – RALLYPLUS.NET ラリープラス

150周年を迎えたピレリが“キメラEVO37”を走らせる。コ・ドラはペター

©PIRELLI

2022年、WRCにラリータイヤを独占供給しているピレリは、創立150周年を迎える。この記念活動の一環として、ピレリのモータースポーツヘッド、マリオ・イゾラが、開催中のWRCラリーモンテカルロのシェイクダウンでキメラEVO37を走らせた。

キメラEVO37はイタリアのキメラ・アウトモビリがランチア・ラリー037へのオマージュとして仕立てたクルマ。WRCで数々の勝利をマークしたピレリタイヤの150周年を記念するカラーリングに彩られ、シェイクダウンのステージをドライブした。

PIRELLI


コ・ドライバーに2003年のWRCチャンピオン、ペター・ソルベルグを迎え、WRCの50周年であり、ハイブリッドの新規定ラリー1マシンの初実戦となる2022年最初のラリーの幕開けに華を添えた。

PIRELLI

ピレリは、その模様を収めた動画も公開している。



ヘルメットのペイントはじめました!