WRCモンテカルロ:競技2日目、セバスチャン・ローブが奪首。勝田は8番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:競技2日目、セバスチャン・ローブが奪首。勝田は8番手

©M-SPORT

2022年WRC第1戦モンテカルロは1月21日(金)の競技2日目を終えて、Mスポーツ・フォードのセバスチャン・ローブが4連続ベストタイムをマークして総合首位に立った。2番手にはトヨタのセバスチャン・オジエ、3番手にはトヨタのエルフィン・エバンスがつけている。

21日(金)に行われた競技2日目は、SS3〜SS8の6SS。3SSを2度走行する構成で、97.86kmのSS距離で争われた。天候は晴れだが、朝の気温はマイナスを示すほどに冷え込んでいる。日陰は凍結している部分も多く、路面を読み最適なスピードを見極めなければタイムを出すことはできない。この日最初のセクション、各ドライバーともタイヤはソフトコンパウンドを中心としたチョイスとなった。

ソフト5本
セバスチャン・ローブ/アドリアン・フルモー/オリバー・ソルベルグ

ソフト4本+スーパーソフト2本
トヨタ全車/ガス・グリーンスミス/クレイグ・ブリーン

ソフト4本+スーパーソフト1本
ティエリー・ヌービル/オィット・タナック

オープニングとなったSS3では、ローブがベストタイムをマーク。僅差のSS2番手にはオジエ、SS3番手にエバンスと、前日のトップ3が名を連ねる結果となった。なお、このSSではタナックのi20 Nラリー1にハイブリッドユニットの問題が発生、タナックはSS5番手タイムでフィニッシュした。そしてMスポーツ・フォードのフルモーは、コースアウトを喫して戦列を去ることに。フルモーは右コーナーイン側のバンクにヒット。アウト側にはじかれてガードレールを超え、土手を転がり落ちてしまった。クルーふたりは無事だったものの、マシンは大きなダメージを受け万事休す。

TOYOTA


続くSS4もベストタイムはローブ。SS2番手にはタナック、SS3番手にヌービルとヒュンダイ勢が続く格好となった。総合首位オジエと総合2番手ローブの差は2.8秒に縮まっている。1ループ目最後のSS5では、ローブがこの日3度目の一番時計をマーク。SS7番手タイムのオジエを逆転して、総合首位に立つこととなった。SS2番手はエバンス。スローパンクチャーに見舞われながらも好走を見せ、総合順位でも2番手に浮上した。ここまでを終えて、総合2番手のエバンスはローブから10.6秒差、総合3番手のオジエはローブから13秒差という結果になっている。

タイヤフィッティングゾーンを経て、選手たちは午後の3SSへ。セクション4では、ほぼ全員がソフト5本というチョイスになったが、タナックのみソフト4本+スーパーソフト1本という組み合わせでSSに臨んだ。SS3の再走となるSS6では、再びローブがベストタイムをマーク。SS2番手にはオジエ、SS3番手にエバンスが続く。総合順位に変動はなく、ローブが後続をじわりと引き離す強さを見せた。

SS7では、グリーンスミスが一番時計。SS2番手のオジエに1.4秒差をつけて、キャリア初のSSベストタイムをマークした。ローブはハイブリッドユニットがうまく働かずにSS4番手となったが、総合順位では首位を守った。これでオジエが14.4秒差の総合2番手に浮上し、オジエに0.8秒という僅差でエバンスが総合3番手に続いている。この日最後のSS8では、オジエがベストタイム。SS2番手にヌービル、SS3番手にタナックが続く。ローブは引き続きハイブリッドに起因するタイムロスに悩まされながらもSS4番手タイムでまとめてみせた。

HYUNDAI


2日目を終え、総合首位ローブと総合2番手オジエの差は9.9秒。総合3番手のエバンスはローブから22秒遅れとわずかに差が開いている。以降ヌービル、タナックとヒュンダイ勢が続き、ブリーン、グリーンスミスとMスポーツ勢が並ぶ。勝田貴元はローブから1分35秒9遅れの総合8番手からポジションアップを狙う。

1月22日(土)の競技3日目はSS9〜SS13の5SS、SS距離92.46kmで争われる。競技2日目は先頭走者のオジエとラリー1最終走者のローブでは路面状況が異なる可能性が高かったが、3日目は出走順がリバースオーダーとなるため、オジエとローブはほぼイコールコンディションのなかで戦うこととなる。WRCモンテカルロでともに7勝ずつ(オジエはIRCも含めれば計8勝)を挙げているマイスター同士の、さらなる接戦が展開されそうだ。オープニングのSS9は日本時間22日(土)16時17分スタート。

WRCモンテカルロ SS8後暫定結果
1. S.ローブ(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1) 1:22.49.0
2. S.オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1) +9.9
3. E.エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1) +22.0
4. T.ヌービル(ヒュンダイi20 Nラリー1) +47.8
5. O.タナック(ヒュンダイi20 Nラリー1) +56.7
6. C.ブリーン(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1) +59.2
7. G.グリーンスミス(フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1) +1:08.4
8. 勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1) +1:35.9
9. K.ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1) +2:12.8
10. O.ソルベルグ(ヒュンダイi20 Nラリー1) +2:22.9



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!