ウェルパインモータースポーツが2022年全日本ラリー選手権参戦計画を発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ウェルパインモータースポーツが2022年全日本ラリー選手権参戦計画を発表

©WELLPINE MEDIA

ウェルパインモータースポーツは、2022年のモータースポーツ活動計画を発表した。全日本ラリー選手権第2戦唐津、第5戦モントレーに参戦予定で、WRC第13戦ラリージャパンへの参戦も検討。クルーは2021年から引き続き村田康介/梅本まどか組を起用し、車両はトヨタGRヤリスRSからトヨタGRヤリスRCに変更する。

(以下チームリリース)


2021年の弊チームのクルーである村田康介選手/梅本まどか選手組が、2022年もそのままのペアでJAF全日本ラリー選手権の最高峰クラスであるJN1クラスに参戦します。車両はトヨタ・GRヤリスで、参戦ラウンドはRd.2佐賀(4月1〜3日)とRd.5群馬(6月10〜12日)を予定しています。なお、FIA世界ラリー選手権Rd.13ラリージャパン(11月10〜13日)への参戦に関しましては、日程が近づき次第改めて発表いたします。

村田康介選手のコメント
2022年シーズンは昨年と同じくウェルパインモータースポーツより、4WDターボのGRヤリスで全日本ラリーに参戦させていただくことになりました。
最高峰のJN1クラスということで、今からとてもワクワクしています。
自分もこれまでダイハツ・ブーンX4や三菱・ランサーエボリューションXなど4WDマシンには数多く乗ってきました。
その経験と、成長著しい梅本選手とのコンビネーションを活かし、少しでも上位に食い込めるようベストを尽くしたいと思います。
ぜひ応援よろしくお願いします。

梅本まどか選手のコメント
2022年はトヨタ・GRヤリスRCということで、正直なところ、今は期待と緊張とがそれぞれ半分半分の気持ちです。
また、2年連続で村田選手と組ませてもらえることをとても光栄に思っています。
クラスもマシンもステップアップするので、これまでよりはるかに難しくなるのは明白です。
村田選手とペアを組んで得たことを活かしながら、みなさんに応援してよかったと思ってもらえるよう、ラリーに真摯に取り組んでいくつもりです。
そして、このプロジェクトの目標はラリージャパン完走。
全日本ラリーでしっかり学び、ラリージャパンで目標を成し遂げられるよう、精一杯がんばります!
応援よろしくお願いしますねっ!



ヘルメットのペイントはじめました!