全日本ラリー高山:勝田範彦がGRヤリスで3連勝、ターマック初勝利 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー高山:勝田範彦がGRヤリスで3連勝、ターマック初勝利

©RALLY PLUS

2021年シーズン全日本ラリー選手権第10戦「第48回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2021」最終日が、10月17日(日曜日)に6カ所のスペシャルステージを舞台に開催された。ラリーは初日トップの勝田範彦/木村裕介(トヨタGRヤリス)が、福永修/齊田美早子(シュコダ・ファビアR5)に11.0秒差をつけて今季ターマックで初勝利。35.9秒差の3位には鎌田卓麻/松本優一(スバル WRX STI)が入っている。

この日のオープニングとなったSS7は、前日から降り始めた雨によってコース上に土砂が流れ出たことや、さらに大量の落ち葉などの影響を受けて、主催者はキャンセルを決めた。SS8は逆転優勝を狙う福永がベストタイムを刻み、勝田との差をわずかだが縮めてみせる。しかし、首位の勝田もSS9でベストを獲り返し、さらに最終のSS12でもトップタイムで締めくくり、首位でフィニッシュ。カムイから続く連勝記録を3に伸ばし、最終戦にいい流れをつなげたいところだ。

「今回は福永選手のスピンに助けられたラリーでしたね。それでもターマック初優勝です。モントレーと比較するとGRヤリスはかなりの進化を果たしています。特に駆動系のアドバンテージを強く実感しました」と、勝田はフィニッシュ後に笑顔で振り返った。

初日のSS2でスピンを喫し、一時は8番手に順位を落としながらも、11秒差の2番手にまで挽回した福永は「自分でドラマを作ってしまったラリーでしたね。最終日は一発の速さを見せることができたんですが、それを持続できるようにすれば、次戦の久万高原でもいい戦いができるはずです。最終戦で勝った方がチャンピオンですから、しっかり頑張ります」と、最終戦久万高原での王座獲得を誓う。

初日の5番手からふたつ順位を上げ、3位でラリーを終えた鎌田は「いつもの悔しい3位というよりは、納得の3位です。今回はダンロップの新しいタイヤのおかげで、最終日に順位も上げられました。クルマ的にも安定していて、危ない瞬間もなく安心してドライブできました」と、納得の表情を見せている。

JN2クラスはヘイキ・コバライネン/北川紗衣(トヨタGT86 CS-R3)、JN4クラスは西川真太郎/本橋貴司(スズキ・スイフトスポーツ)が勝利し、最終戦を待たずに全日本タイトルを決めている。

ヘルメットのペイントはじめました!