WRCサルディニア:豊田章男社長「やっと海で泳ぐことができますね! おめでとう!」コメント全文 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCサルディニア:豊田章男社長「やっと海で泳ぐことができますね! おめでとう!」コメント全文

©TOYOTA

WRC第5戦サルディニアではトヨタのセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシアが優勝、エルフィン・エバンス/スコット・マーティンが2位に入り、トヨタとしては開幕戦モンテカルロ、第3戦クロアチアに続く今季3回目の1-2フィニッシュを達成した。さらにWRCチャレンジプログラムで参戦中の勝田貴元/ダン・バリットも、2戦連続で自己最高位となる4位。多くのドライバーがトラブルやアクシデントに見舞われ脱落する難しいラリーをきっちりと生き残った。ラリーを終え、チームオーナーであるトヨタ自動車の豊田章男社長がコメントを発表した。

(以下チームリリース)


チームのみんな、やっと海で泳ぐことができますね! おめでとう!
ワンツーフィニッシュで飛び込めたからしょっぱい海水さえも最高の味に感じると思います。一昨年、私もそこの海辺にいました。
バスタオルと着替えも用意して、どうやって飛び込んだら安全かなんて考えていました。しかし、最終ステージでトップを走っていたヤリスが突然のスローダウン……ドライバーだったオィットには今でも申し訳なく思っています。

セブ、ジュリアン
エルフィン、スコット
君たちがあの難しいサルディニアの道を走りきってくれたおかげで、僕たちは海の水がこんなに美味しいということをはじめて知ることができます。みんなの走りに心から感謝します。そして、この2年間、クルマの信頼性を高め続けてくれたメンバーにも感謝しています。本当にありがとう!(と書きましたが、ゴールの場所が今までと変わっていましたね。もしかしてみんな飛び込んでないのかな?)

カッレとヨンネには申し訳ないことをしました。我々には、まだまだやるべきことが沢山残っていると思います。

ヤリ-マティ
海から上がって体を乾かしたら、またみんなと一緒にヤリスをもっと強いクルマにしていってください。よろしく頼みます!

次はケニア。我々にとっては未知の道。
ファンの皆さま引き続き、ご声援をよろしくお願いいたします。

追伸 ダンへ
クルマは直せばまた走れる。だけど君がいなかったら貴元は走れない。貴元もダンの体のことを第一に考えて、最後は無理せずゴールを目指す決断をしてくれたと思います。二人の決断に感謝。そして、とにかく健康第一!



ラリプラメンバーズ2021