WRCサルディニア:不利な出走順を乗り越え、オジエが初日総合3番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCサルディニア:不利な出走順を乗り越え、オジエが初日総合3番手

©TOYOTA

6月4日(金)、WRC第5戦サルディニアはオルビアのサービスパークを中心に8本のステージが行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシアが総合3番手に、エルフィン・エバンス/スコット・マーティンが総合4番手につけた。なお、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネンは総合2番手を走行していたが、SS4でデイリタイアを喫している。

(以下チームリリース)


昨年のラリー・イタリア サルディニアは、新型コロナウィルスの影響により、本来予定していた6月から延期され、10月に行なわれました。それから約8ヶ月、今年はスケジュール通り6月の開催となり、以前ホストタウンを務めていたオルビアにサービスパークを移転。競技初日のデイ1は、8本計127.40kmのステージが、サービスパークの南側から西側にかけてのエリアで行なわれました。

デイ1は好天に恵まれ、気温もかなり上昇。ステージはドライコンディションとなり、ドライバー選手権のリーダーとして出走順1番手で初日のステージに臨んだオジエにとっては、不利な路面コンディションとなりました。サルディニアのステージの多くは、道の表面が目の細かい砂利や砂に覆われており、ドライコンディションでは非常に滑りやすくなります。特に、その砂利や砂を掃き飛ばしながら走行する1番手スタートのドライバーは、通常かなり大きなタイムロスを余儀なくされます。しかしオジエは、1日を通して出走順の不利をあまり感じさせない好走を続け、8本のステージのうち5本で3番手以内のタイムを記録。一時は総合2位につけました。最終的には総合2位と16.8秒差の総合3位で1日を終え、明日のデイ2は比較的遅めの出走順となることから、さらなる上位を狙います。

オジエに次ぐ2番手スタートとなった、ドライバー選手権2位のエバンスもまた、後続のライバルよりも滑りやすい路面での走行を強いられました。午前中のステージでは、チームメイトに比べるとクルマに対するフィーリングがそれほど良くなく、タイムも思うように伸びませんでしたが、午後は状況が好転。オジエと25.8秒差、総合5位の選手と1.2秒差の総合4位でデイ1を走りきりました。なお、ロバンペラは午前中の3本のステージで総合2位を守り続けるなど非常に好調でしたが、SS4でトラブルによりスロー走行を余儀なくされ、その後デイリタイアに。チームはサービスパークでクルマを修理し、ロバンペラは明日のデイ2に再出走する予定です。

なお、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムにより、今回もヤリスWRCで出場の勝田貴元は、所々でトップに迫る速さを示し、総合6位につけています。

ヤリ-マティ・ラトバラ(チーム代表)
セブは今日、素晴らしい走りを見せてくれました。昨日のシェイクダウンでもスピードと力強さを示していましたが、今日は出走順が1番という不利な状況だったにも関わらず、我々が想像していた以上にタイムロスを少なく抑えました。彼にとっては完璧な1日だったと言えます。エルフィンにとってはかなり難しい1日でしたが、それでも彼はとても安定していましたしミスもしませんでした。それは、選手権を戦う上で重要なことですので、彼の今日の戦いには非常に満足しています。残念ながらトラブルで止まってしまいましたが、午前中のカッレのパフォーマンスを見て嬉しく感じました。原因については調査中ですが、明日は再出走できると思います。

セバスチャン・オジエ
とてもいい1日でしたし、自分たちの仕事に満足しています。特に午前中は調子が良く、新しい2本のステージでは差をつけることができたと思います。コ・ドライバーのジュリアンと共に、レッキでいい仕事をして完成度の高いペースノートを作成できたからこそ、自信を持ってプッシュすることができたのです。また、前戦ポルトガル後にセットアップを改善した結果、クルマにも非常に満足しています。午後は、予想していた通り少し厳しかったですが、最も重要なのは総合3位で1日を終えることができたことによって、明日のスタート順が今日よりも良くなることです。トップとの差は大きいですが、今日はとても良いパフォーマンスを発揮できたので、明日以降どうなるか楽しみです。

エルフィン・エバンス

TOYOTA

朝はまったく良いスタートではありませんでした。ラリー・ポルトガルの後、クルマにいくつか変更を加えて少しでも良くしようとしたのですが、以前のような自信を得ることはできず、今朝はクルマのフィーリングを掴むことに苦労し、良いリズムで走ることができませんでした。しかし、午後になると状況は良くなり、気持ちも明るくなりました。ステージのタイムにはあまり満足していませんが、少なくとも状況は良い方向に向かっているので、明日はさらなる向上を目指して頑張りたいと思います。

カッレ・ロバンペラ

TOYOTA

今朝はとてもいいスタートを切ることができました。クルマのフィーリングも良好で、いいペースを取り戻すことができていました。それほどプッシュしなくてもタイムは良かったので、非常に楽しんで走ることができました。しかし、SS4で問題が起こり、ストップしなければなりませんでした。それまでは上手くいっていただけに、このような形で1日が終わってしまったのは残念です。それでも、チームがクルマを修理してくれると思いますので、明日以降も良いフィーリングで走れるように頑張ります。

ラリー・イタリア サルディニア デイ1の結果
1 オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (ヒュンダイ i20クーペ WRC) 1h26m58.0
2 ダニ・ソルド/ボルハ・ロザダ (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +19.4s
3 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (トヨタ ヤリス WRC) +36.2s
4 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (トヨタ ヤリス WRC) +1m02.0s

5 ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +1m03.2s
6 勝田 貴元/ダニエル・バリット (トヨタ ヤリス WRC) +1m26.1s
7 マッズ・オストベルグ/トルシュテン・エリクソン(シトロエン C3Rally2) +3m41.7s
8 ヤリ・フッツネン/ミッコ・ルッカ (ヒュンダイ i20 R5) +4m08.7s
9 ヨアン・ロッセル/アレクサンドレ・コリアシトロエン C3Rally2) +4m35.8s
10 ペペ・ロペス/ディエゴ・ファレホ(シュコダ ファビアRally2 Evo) +4m52.1s
38 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン (トヨタ ヤリス WRC) +49m58.3s

明日のステージ情報
競技2日目となる6月5日(土)のデイ2は、サービスパークの南側から西側にかけてのエリアが戦いの舞台になります。デイ1と同様、2本のステージを各2回走行した後、昼のサービスを経て、別の2本のステージを各2回走行。午前中のSS10とその再走ステージであるSS12「レルノーモンティ・ディ・アラ」は、このラリーの名物である「ミッキーズ・ジャンプ」を含む伝統的なステージです。8本のステージの合計距離は129.62kmと、デイ1よりも2km以上長く、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は539.38kmとなります。



ヘルメットのペイントはじめました!