トヨタはエバンス残留希望に加え、オジエのスポット参戦容認を示唆 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタはエバンス残留希望に加え、オジエのスポット参戦容認を示唆

©Toyota Gazoo Racing WRT

ハイブリッド規定のラリー1マシンが導入される2022年に向けて、ヒュンダイがティエリー・ヌービル、オィット・タナックとの契約更新を早々に発表したことで、一気にストーブリーグが熱を帯び始めた。

トヨタのチーム代表、ヤリ−マティ・ラトバラは独自の取材に対し、オジエと2022年のスポット参戦に関して契約をかわしたことを認めた。トヨタは現在、自チームのワークスドライバーである世界王者オジエがライバルチームに移ることを阻止するため、これまでのスポット参戦を避ける方針を変更する準備があるようだ。
「現状、我々のドライバーは素晴らしいラインナップになっているので、目標はこの顔ぶれを維持することだ」とラトバラは語った。
「セバスチャンは、2022年は何戦か、あるいはシリーズの半分は出たいと話していたので、彼と交渉を行い、彼が参戦しないイベントのドライバーを探す必要が出てくるかどうかを検討する」

「セブが来年も走りたいと思っているイベントはハッキリしている。我々のポリシーとしては、フルシーズンを戦うドライバーでチームを構成することだ。一方で、マニュファクチャラーズ選手権を念頭に置いた場合、ポイント獲得という意味ではチームの1台を彼がドライブすることは、大きな武器になる。セブとほかのドライバーで1台をシェアしてスポット参戦するプランは、とてもいい選択肢になるだろう。それが目標だ」

現在TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムでフル参戦する勝田貴元は、マニュファクチャラーズ選手権ポイントの対象外での参戦となっているが、2022年までにノミネート対象のレベルにステップアップできる準備が間に合わない場合、ラトバラは外部からドライバーを受け入れる可能性があることも示唆した。

Toyota Gazoo Racing WRT

「タカはとてもいい形で前進しているし、将来的にワークスチームのトップ3ドライバーのひとりになれると見ているが、来年までにその準備が整うかどうかと聞かれると、現段階で答えることはできない。まだWRカーの経験をそれほど積んでいない彼に、プレッシャーをかけたいと思うかい? チーム外からドライバーを入れる必要があるかについては、まだこれからチーム内で話し合って決定しなくてはならない要素もある」

その候補者として適任はいるかという問いにラトバラは「もちろん、ヒュンダイがすでにドライバーを発表しているので、選択肢は狭まった。しかし、自分たちのチームに適していて、まだ交渉できるドライバーはいる。今の段階では(発表する)時期を決めてはいないが、この件に関しては少し急ぐ必要が出てきたのかもしれないね」
(Graham Lister)

RALLY PLUS