全日本ラリー唐津:GRヤリス初のベストタイムを記録し 勝田が4位、眞貝が5位入賞 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー唐津:GRヤリス初のベストタイムを記録し 勝田が4位、眞貝が5位入賞

©TOYOTA

4月10日(土)〜11日(日)にかけて、2021年シーズン全日本ラリー選手権第3戦「ツール・ド・九州2021 in 唐津」が、佐賀県・唐津市を拠点にして行われ、TOYOTA GAZOO Racingの勝田範彦/木村裕介組が4位、眞貝知志/安藤裕一組が5位に入り、2台が入賞を果たした。

以下リリース


チームは前戦新城ラリーで発生した車両トラブルを貴重な学びの機会と捉え、原因の徹底的な解明・改善を実施。さらに、唐津に向けて足まわりに関するテストも重点的に行いました。唐津において2006年から12年連続優勝という記録を持つ勝田選手は「テストではサスペンションのセットアップも行い、良い手応えを感じています」と語り、表彰台を目指して挑みました。

絶好の晴天で迎えたレグ1、勝田選手がSS2でGR YARIS GR4 Rally初のベストタイムを記録。首位から1.5秒差の3番手と絶好の位置で初日を終えると、堅実に走行した眞貝選手もトラブルなく走り切り、42.8秒差の6番手。ラリー最終日も勝田選手は快走を続け、4位でフィニッシュし、眞貝選手はひとつ順位を上げた5位で完走を果たしました。

また、今回より「GR Garage」のディーラーメカニックにもチームに加わってもらい、ラリーで得た知見やモータースポーツの楽しさなどを今後の業務やお客様対応に活用してもらう試みもスタートしました。今回は「GR Garage 福岡空港」から1名が参加し、チームの一員として共に汗を流しました。TGRは、今後もモータースポーツの現場を学びの場、様々な方との交流の場として活用し、地域の皆様や業界の皆様と共にさらなる活性化に取り組んでまいります。

■豊岡悟志(チーム監督)
前戦のリタイア後にエンジニアとメカニックが対策を施し、今回の唐津に臨みました。あらためて2台がしっかり走り続けてくれたことにホッとしています。勝田選手はベストタイムを記録し、眞貝選手はデータの蓄積を優先して完走を果たしてくれましたが、4人のクルーが本来持っている力にクルマのレベルは全然追い付いていません。クルーに気持ちよく戦ってもらえるクルマを目指して更に改善にチャレンジしていきます。また、今回はGR Garage 福岡空港さんから事前テストやメカニック派遣で大変お世話になりました。お客様と最前線で向き合っているGRガレージの皆様と共に、一体となって、モータースポーツの盛り上げ、人とクルマを鍛える活動にチャレンジしていきたいと思います。

■勝田範彦(ドライバー)
表彰台を狙っていたのですが、最終日の2ループ目は厳しかったですね。それでも、色々なデータも持ち帰ることができましたし、セッティングに関するアイデアも得られ、次につながるラリーだったと思います。コ・ドライバーの木村選手とのコンビネーションも、ラリー中に改善しながら進めることができました。次の久万高原は長いSSがあるので、タイヤマネージメントが重要です。優勝を目指して頑張ります。

■眞貝知志(ドライバー)
しっかりクルマが走ってくれましたし、僕自身も大きなミスをすることなく完走できました。あらためて、しっかり準備を進めてくれたチームの皆さんに感謝したいです。GR YARIS GR4 Rallyに関しては、セッティングの方向性が見えて、色々とやるべきことが分かってきました。僕自身は、最終日にリズムを崩してしまったので、次に向けて原因を分析し、これを次の久万高原につなげていきます。

■宮本昌司(チーフメカニック)
昨シーズンからサービスのメンバーががらりと変わりましたし、チームとして不慣れな状況が多かったため、今回はあえて作業におけるウィークポイントをあぶり出そうと考えて臨みました。初めて本格的な2台体制で整備を行うなか、様々な課題や学びを得ることができたと思います。今回、しっかり走り切れたことを踏まえて、少しでも競争力を上げられるよう、久万高原に向け新たなアイデアを入れていきたいです。

■土井崇司(GRプロジェクト推進部)
前回の反省を踏まえ、エンジニアサイドとして起こったことを分析し、打てる対策は入れてきましたので、今回2台とも無事に走り切れて、まずは安堵しています。そのなかで勝田選手がベストタイムを記録するなど、厳しい戦いの中で一定の競争力を示せたことは非常にうれしく感じています。私たちが目指しているのは、モータースポーツのなかでクルマを鍛え、市販車に活かすこと。今回取得できたデータを基に、もっといい車を目指し、これからも努力を続けていきます。

■古田 樹(トヨタカローラ福岡株式会社 GR Garage 福岡空港 GRコンサルタント)
今回、全日本ラリーの活動に参加させて頂き心より感謝申し上げます。私自身非常に多くの気づきを頂きました。特に印象的だったのは、リーダーの方が作業前にメンバーへ出す指示や情報の伝達の仕方が常に的確であり、安心して作業ができたことです。メンバーの質問に対して分かることはその場ですぐ教えてくれ、分からないことは、分かる人を探し、確認した情報を速やかに全員に共有してくれました。全員が同じ情報を持って動くことで無駄が無くお互いを信頼して働けることがよく分かり、これを自分の職場にも持ち帰りたいと思いました。そして何より今回感じた全日本ラリーの魅力と感動をお客様へも伝えていきたいと思います。ありがとうございました。

■井上直喜(トヨタカローラ福岡株式会社 代表取締役専務)
地元九州で開催された、全日本ラリー選手権「唐津」、GRヤリス参戦に加わることができて大変光栄です。GR Garage 福岡空港 GRコンサルタントの古田を、サービスメカニックとして参加させて頂き有難うございます。本人の成長にも繋がる貴重な経験になったと思います。私自身、かつてのラリーストとして、このご縁に心より感謝申し上げます。今後も、地元トヨタ販売店として、九州のモータースポーツ・くるまファンを盛り上げて行く活動をしていきたいと考えております。次戦以降も頑張ってください!

■大城明人(トヨタカローラ福岡株式会社 GR Garage 福岡空港 マネージャー)
古田をメカニックとして参加させて頂き貴重な経験をさせて頂きました。間近で見て感じたことは、チームの方々の無駄のない動きと、できることは全てやる姿勢でした。そんなスタッフがいるからこそ、ドライバー、コ・ドライバーは安心して全力で挑んでいけるのだと感じました。今回の経験を、弊社のモータースポーツ活動にも活かしていきます。そして何より、今回2台のGRヤリスが走り切ったことが嬉しかったです。SS速報を見ながら毎度ホッとしていました。次戦もぜひ頑張ってください!応援しています。



ヘルメットのペイントはじめました!